Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

チェンジマネジメント/コミュニケーション支援

近年、グローバル化や技術革新をはじめとする劇的かつ予測困難な変化が生じており、コンプライアンスや社会貢献において企業が果たすべき役割への期待はますます大きくなっています。このような状況下では、企業の仕組みだけではなく、働く人たち自身の変革も求められています。“人”の改革を実現するためには、その目的を明確にすると同時に、企業文化を踏まえた仕組みを構築し、継続的に社員の心に働きかけることが重要です。PwCは、

  • 組織風土・理念・価値観・人事制度・業務・ITの統合・変革支援
  • 買収先企業のモチベーション維持・パフォーマンス向上支援
  • 大規模変革(ERP導入、組織改革など)の効果を最大化するためのコミュニケーションと移行支援

を通じて、クライアントのチェンジマネジメントを強力にサポートします。

PwCのアプローチとサービス

変革アプローチ設計

企業が直面している課題に一つとして同じものはありません。そのため解決策も企業によって異なります。ヒアリングやサーベイ、ワークショップなどを通じて長期的な目標の明確化(ビジョニング)と現状把握を行い、ギャップを埋めるためのチェンジマネジメントの行動手順を定義し、クライアントのビジネスニーズに応える変革の戦略や計画を設計し、チェンジマネジメントの効果を最大限に高めます。

 

View more

ステークホルダーマネジメント

変革に向けた取り組みを成功させるには、ステークホルダーとの密接な結びつきが重要です。ステークホルダーのエンゲージメント度合い(会社への愛着、忠誠心)や潜在的な影響度合いを把握し、リスクを分析したうえで適切な巻き込み計画を実行することにより、ステークホルダーのコミットメントを高めて協力を得ることができるようになります。適切な時期に、適切な方法で的確なステークホルダーを味方に付けることが必要です。

また、変革には少なからず抵抗も伴います。見過ごしていると成功の妨げとなる大きなリスク要因にもなりかねません。PwCは、これらのリスクを管理するためのマネジメント支援も提供しています。

View more

コミュニケーション戦略策定

変革を定着させるために、コミュニケーション戦略は変革アプローチとステークホルダーマネジメントの計画をベースに綿密に設計する必要があります。目的や対象者により内容やストーリー、スピーカーやチャネル(社内報・イントラネット、社員説明会、ワークショップなど)を使い分けます。

変革全体にわたる全てのステークホルダーが取り組みを認知するだけでは持続性のある変革を実現できません。ステークホルダーが取り組みの対象範囲と目的を理解し、さらに賛同者となるようなコミュニケーションを実施することが重要です。これまで幅広い業種の企業を支援してきた実績を持つPwCのコミュニケーションエキスパートが、クライアントの効果的な戦略策定と実施を支援します。

View more

エンゲージメント戦略策定

PwCは、幅広いエンゲージメント手法を用いた「ピープルセントリック」を理念に掲げ、クライアントの「人」を中心とした巻き込み型のチェンジマネジメントを支援しています。

変革に伴い必要となる新しいスキルやコンピテンシー取得に向けてトレーニングニーズの測定を行い、トレーニングの設計、開発、実施、評価を支援します。その中で結果を大きく左右するのは、プログラムの構成や内容、伝え方のみならず、空間や音響のデザインも含めたトレーニングの進行方法です。チェンジエージェントと呼ばれる企業の組織改革を促す役割を担える人材の特定と育成を通じ、チェンジエージェントを中心としたトレーニング計画の実行により、変革の持続性を強化します。

View more


{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

吉田 亜希子

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

強口 真裕佳

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email