Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

タレントマネジメント

VUCA(Volatility=激動、Uncertainty=不確実性、Complexity=複雑性、Ambiguity=不透明性)時代において、タレントマネジメントはますます重要な課題となっています。先の見えない状況下、事業戦略に合わせて迅速に人材を採用・配置・育成・評価することが、経営の成否を左右します。

PwCのアプローチとサービス

PwCは、下記の観点を踏まえた効果的なタレントマネジメントを通じ、経営戦略の実現に必要な人材やスキルの確実な保有を支援します。

Attract

エンプロイーブランド、EVP(Employee Value Proposition)、タレントソーシング、ワークフォースプランニング、ダイバーシティ

Retain and Reward

Retain and Reward

エンゲージメント&カルチャー、報酬と福利厚生

Development

Development

リーダーシップ開発、人材育成‣LMS(Learning Management System)、パフォーマンスマネジメント、コーチング&メンタリング

Deploy

サクセッションプランニング、社内配置、エンプロイーエクスペリエンス、リストラクチャリング


サクセッションプランニング(後継者育成)

サクセッションプランニングは、長期にわたって企業の競争力を維持する上で不可欠な施策です。後継者計画が明確になっていないと、さまざまな経営リスクが生じます。タレントの特定と育成に注力する「投資」が極めて重要です。

PwCは、次期経営者の条件を可視化し育成するための方法論やデータ、豊富な経験に基づく知見を有しています。戦略を実現する上でリーダーに求められる要素・能力を特定し、リーダー一人ひとりのポテンシャルや開発課題を明らかにするとともに、適切なタレントパイプラインの構築を支援します。

View more

リーダーシップ開発

企業経営の複雑化・高度化により、リーダーにはより多くのものが求められています。例えば、複数事業や海外での経験、高度な専門知識、多面的な思考、高いコミュニケーション能力といった要素が挙げられます。これらを兼ね備えたリーダーを確保するためには、高い素養を持った人材を透明性の高いプロセスで選抜した上で、適切な配置や教育プログラムを通じて計画的に開発する必要があります。

PwCは、会社・組織におけるリーダーシップのあり方を定義し、ニーズ・課題を特定した上で育成構想や具体的なプログラムを立案し、継続的なリーダー開発を支援します。

関連情報

View more

人材育成/LMS(ラーニングマネジメントシステム)

人材育成の重要性は日々増しています。人材の質を向上させてこそ、芯の強い経営を実現することができます。事業の変革やデジタル化を実現するためには、スキル向上に対して積極的に取り組んでいくことが必要です。

PwCは、マネジメントとテクノロジーの両面で人材の育成を支援します。マネジメント面では、一般的な階層別の研修などに加え、チェンジマネジメント、イノベーションやデジタルなどの専門領域に特化した人材に関する育成施策の立案から実行までを支援します。またテクノロジー面では、ラーニングマネジメントシステム(LMS)を中心としたラーニングに関するテクノロジーの導入など、各社に最適なラーニングプラットフォームの構築を支援します。

View more

パフォーマンスマネジメント

組織のパフォーマンスを最大化するためには、個々人のパフォーマンスをしっかり評価・育成することが非常に重要です。昨今のアジャイルな環境下においては、これまでの年次評価に代わり、柔軟な目標設定やリアルタイムフィードバック、1on1などを通じて未来に向けた育成・成長を目指す企業が増えてきています。

PwCは、これらのトレンドも取り入れながら、多元的な視点で公平性・透明性・納得性の高い評価プロセスを実現するとともに、育成の視点でも機能するマネジメントプロセスの実現を包括的に支援します。

View more

{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

井上 卓也

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

鈴木 貞一郎

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

土橋 隼人

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

イリッチ ヴラディミル

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

高木 徹也

マネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email