Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

明日の世界 新たな革命が始まる

2017-12-07

新しい情報のエコシステムが台頭しようとしています。企業、そして企業をとりまくステークホルダーは新しいエコシステムのもとでどのような対応が求められるのでしょうか。本レポートではPwCの一つの見方を示しています。

現代の企業は、テクノロジーがこれまでにないスピードで進歩しこれまでにない影響力を持つ中、意思決定、リスク、機会が一層複雑化する世界でビジネスのかじ取りをしています。企業の経営陣は内部・外部の広範囲なデータにアクセスし、データを合成することで、意思決定に必要な新しい知見を作ることができます。こうして得た知見は、企業がビジネスをより効果的に運営し、ステークホルダーの関心事に対応する上で有効な働きをします。

一方で経営陣が利用している情報は、企業の外部で生成されたものの割合がますます大きくなり、しかもそれらの情報は経営者の管理の外にあります。そしてこのような情報を利用できるステークホルダーは、自分たちの意思決定を発信するとともに、企業の決定や行動を監視するために情報を利用し始めています。

ステークホルダーによる監視がきっかけとなり、企業はステークホルダーと、そして広く社会全体と、どのようにかかわっていけばよいのか自問するようになっています。誰が事業を運営しているのか、経営陣の倫理感や価値観、企業文化はどのようなものか、意思決定はどのように行われているのか、といったことに対して透明性の向上を求める声が高まっています。

一方で企業自身もテクノロジーの恩恵を受けるためには自らが適応していかなければならないことを、十分に自覚しています。

{{filterContent.facetedTitle}}