Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

ポストコロナにおけるワークプレイスの再定義

2021-10-28

2020年からの新型コロナウイルス感染症まん延により、日本においても多くの企業がリモートワークの実施を強いられ、以前より注目されていた働き方改革を加速させています。働き方改革やリモートワークの実現には、人事制度やオペレーション、IT面の整備が必須となりますが、ワークプレイスに関してもあわせて検討し、総合的に従業員の満足度や生産性を向上させ、最終的には企業の組織目標の達成に繋げていくことが重要です。

まさに今、企業の経営層は今後のワークプレイスに関して何を検討し、実行していくべきか模索している時期であり、企業はワークプレイスの規模をどのように最適化し、適切な投資を行っていくべきかを理解する必要があります。

PwCおよびM Moser Associates社は、不確実性をうまくコントロールしながらワークプレイス変革の検討を進めるためには、①スペース構成、②テクノロジー活用、③不動産指標の3つの要素を評価することが重要であると考えます。本レポートでは、日本企業において事業を展開している企業が参考にできる示唆も含めて、自社に必要なワークスペースの種類や長期的な視点での最適解を導き出すための検討・評価方法を提示します。

ポストコロナにおけるワークプレイス の再定義

{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

澤田 竜次

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

時川 拓郎

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email