The Episode of
PwC Tax Japan

PwC税理士法人の採用ページへようこそ。
あなたの知りたい「PwC税理士法人のリアル」がここにあります。
さまざまなエピソードを通じ、共感していただける方に
私たちの仲間になってもらえたらうれしいです。

News&Topics

Index

PwC税理士法人
採用パンフレット

「The Episode of PwC Tax Japan」
PwC税理士法人が強みとする「5つの力」を特集。当法人の特長紹介や従業員のインタビューなどを掲載しています。

詳細はこちら(ダウンロード)

10 Questions
About PwC Tax Japan

PwC税理士法人を知る10の問い

PwC税理士法人を知っていただくために、10の「問い」を用意しました。どの「問い」からクリックしても構いません。従業員へのインタビューやカルチャーの紹介など、さまざまなエピソードを読むことができます。あなた自身の活躍につながる「答え」を、ぜひ見つけてください。

活躍Q.01 PwC税理士法人が考える「税務プロフェッショナル」とは?

A時代の大きなうねりの真っただ中にある企業。税理士にはその水先案内人としてクライアントに寄り添いながら、税務サービスを提供することが求められています。高度な専門性を発揮しつつ、テクノロジーへの深い知見も有し、サービス業としての自覚を持ちながらクライアントのニーズに応えていく──。それがPwC税理士法人です。

参考記事

代表からのメッセージ

PwC税理士法人の代表、高島 淳から皆さんへのメッセージをお届けします。

詳細はこちら

Work

PwC税理士法人の税務プロフェッショナルが活躍する、幅広く、奥深い事業フィールドを紹介します。

詳細はこちら

従業員インタビュー

多様な従業員が自身の業務内容とそのやりがい、PwC税理士法人の魅力を語るインタビューです。

詳細はこちら

強みQ.02 PwC税理士法人ならではの強みとは?

A企業の抱える課題は、複雑化・高度化する一方です。そのため、PwC税理士法人の従業員には税務の知識はもちろんのこと、クライアントのビジネスに対する深い理解、監査・法律・コンサルテーションなどに係る多様な専門性が求められています。加えて、近年の国際取引の増加に対応するために、グローバルネットワークを通じた幅広い知見も不可欠です。それらの強みに基づいてワンストップで課題を解決する──。それがPwC税理士法人です。

参考記事

PwC Network

部門、組織の垣根を越えた協働を強みとするPwCグローバルネットワークおよびPwC Japanグループの特長について紹介します。

詳細はこちら

従業員アンケート

従業員にアンケートを実施することで、PwC税理士法人の魅力や特長を浮き彫りにします。

詳細はこちら

業務Q.03 PwC税理士法人を構成する部⾨とその業務内容とは?

A税務申告業務などのコンプライアンス業務。そして、個別の課題解決に注力する税務コンサルティング業務。私たちの業務はこの2つに大別され、各人が専門性の高いミッションに取り組んでおり、プロジェクトが部門の垣根を越えて柔軟に組成されることも特徴です。多様な事業フィールドが高付加価値のサービスを生み出す──。それがPwC税理士法人です。

参考記事

Work

PwC税理士法人の税務プロフェッショナルが活躍する、幅広く、奥深い事業フィールドを紹介します。

詳細はこちら

従業員インタビュー

多様な従業員が自身の業務内容とそのやりがい、PwC税理士法人の魅力を語るインタビューです。

詳細はこちら

成長Q.04 PwC Japanグループの「成長環境」とは?

A多彩な研修メニューと、成長を促すチャレンジングな制度が用意されています。自ら手を挙げれば新しい業務への門戸が開かれ、海外赴任のチャンスも豊富。周囲のサポート体制も充実しており、自分次第でいくらでも成長は可能です。常に自分自身を磨き続けられる環境がある──。それがPwC税理士法人です。

参考記事

研修制度

一人ひとりのポテンシャルを引き出し、成長を促進するための特徴的な研修制度について紹介します。

詳細はこちら

海外赴任レポート

PwC税理士法人には海外赴任のチャンスが多くあります。海外事務所への出向を体験した従業員のインタビューをお届けします。

詳細はこちら

学びQ.05 グローバルな活躍に必要なのは「語学力」?

Aグローバルネットワークを通じた連携が日常茶飯事のPwC税理士法人において英語でのコミュニケーションは必須であり、語学力は自然と磨かれていくでしょう。海外出向に際しては、語学力に加えて、異文化ギャップを乗り越える力や自らビジネスをつくり出していく力も身に付くでしょう。トータルな人間力でグローバルに活躍する──。それがPwC税理士法人です。

参考記事

PwC Network

部門、組織の垣根を越えた協働を強みとするPwCグローバルネットワークおよびPwC Japanグループの特長について紹介します。

詳細はこちら

海外赴任レポート

PwC税理士法人には海外赴任のチャンスが多くあります。海外事務所への出向を体験した従業員のインタビューをお届けします。

詳細はこちら

組織Q.06 若手が伸び伸びと活躍できる環境はある?

A年齢、職階、部門を越えたコミュニケーションが日常的で、パートナーが新人と1対1で対話するシーンも珍しくありません。人の言葉に耳を傾ける文化、言いたいことを遠慮なく発言できる風土が根付いており、私たちはこれを「Speak Up(スピークアップ)」と呼び、大切にしています。オープンでフラットなカルチャーがつくる自由な環境──。それがPwC税理士法人です。

参考記事

メンバー・パートナー座談会

PwCの特徴的なカルチャーであるフラットな環境についてメンバーとパートナーが語り合います。

詳細はこちら

従業員アンケート

従業員にアンケートを実施することで、PwC税理士法人の魅力や特長を浮き彫りにします。

詳細はこちら

多様性Q.07 PwC税理士法人で実現する多様なワークスタイルとは?

A在宅勤務制度はコロナ禍以前より定着しており、地方に在住しながら都内の案件に携わるメンバーもいます。もちろん、多くの従業員が性別にかかわらず、仕事と子育てを両立しています。本社オフィスには最新テクノロジーによって、自然なコラボレーションが生まれる仕掛けも導入されました。ニューノーマル時代の新しい働き方を推進する──。それがPwC税理士法人です。

参考記事

ワークスタイルレポート

新しい可能性に満ちたオフィスと、自分流の働き方を実現する従業員のインタビューをお届けします。

詳細はこちら

従業員インタビュー

多様な従業員が自身の業務内容とそのやりがい、PwC税理士法人の魅力を語るインタビューです。

詳細はこちら

従業員アンケート

従業員にアンケートを実施することで、PwC税理士法人の魅力や特長を浮き彫りにします。

詳細はこちら

キャリアQ.08 公認会計士がPwC税理士法人を選ぶメリットとは?

A税務コンサルタントの大きな魅力は、クライアントの将来に対して前向きなアドバイスを行うことにあります。会計と税務を強みとする会計士として高い専門性を身に付け、クライアントに寄り添い、ともに将来を創る仕事に携わることができます。多様性あふれるメンバーの中で、公認会計士ならではの価値を活かせる環境──。それがPwC税理士法人です。

参考記事

従業員インタビュー・公認会計士編01

公認会計士の資格を保有する従業員が、PwC税理士法人に感じている魅力と可能性について語ります。

詳細はこちら

従業員インタビュー・公認会計士編02

公認会計士の資格を保有する従業員が、PwC税理士法人に感じている魅力と可能性について語ります。

詳細はこちら

従業員アンケート

従業員にアンケートを実施することで、PwC税理士法人の魅力や特長を浮き彫りにします。

詳細はこちら

異業界Q.09 異業種から税理士法人を目指した理由とは?

APwC税理士法人では多様なバックグラウンドの人材が活躍しています。事業会社や金融業界などの異業種からの出身者も珍しくありません。税理士資格の有無にかかわらず税務プロフェッショナルという専門性を身に付け、自分の人生を主体的に切り拓きたいという志がその原動力となっています。自分ならではの「武器」を手にできる──。それがPwC税理士法人です。

参考記事

異業種からの転職者座談会

異業界出身の従業員が、転職時のエピソードやPwC税理士法人に感じた可能性などについて語り合います。

詳細はこちら

従業員インタビュー・異キャリア編

異業界出身の従業員が、現在の業務内容から転職時の思い、PwC税理士法人に感じた可能性などについて語ります。

詳細はこちら

進化Q.10 PwC税理士法人の税務はこれからどう進化する?

AAI時代の税理士はどうあるべきか。その問いへの答えとして、私たちはテクノロジーを駆使しながら、AIを超えた価値の提供を目指しています。単なる税務アドバイザーではなく、クライアントのビジネスパートナーであることが、これからの私たちの目指すべき姿です。圧倒的な価値を発揮する真の税務プロフェッショナルへ──。それがPwC税理士法人です。

参考記事

代表からのメッセージ

PwC税理士法人の代表、高島 淳から皆さんへのメッセージをお届けします。

詳細はこちら

Keywords at PwC

PwC税理士法人が大切にしている考え方や姿勢について、6つのキーワードを通じてご紹介します。

詳細はこちら