Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

事業構造(バリューチェーン)のデジタルトランスフォーメーション

先端テクノロジーを活用したバリューチェーンイノベーションの実現、顧客との関係や商流を新たに作り直すバリューチェーンの再構築、およびバリューチェーン計画などDX推進におけるガバナンス体制の構築を支援します。

主なサービス

多くの企業や組織が、デジタル社会に適応した事業構造、すなわちデジタルチェーンへの変革を迫られています。現行の組織体制やプロセスから脱却し、顧客価値を最大化するために、バリューチェーン計画の見直しや再構築といったバリューチェーン横断での最適化、もしくは自社の強みを再定義・再設定する必要があります。

経営アジェンダ

R&Dイノベーション

あらゆる領域でデジタル化が進む中、研究開発(R&D)領域においても最新テクノロジーを活用したイノベーションの創出や、社外とR&D領域を連携するオープンイノベーションの重要性が叫ばれています。

PwCは、「ブレイクスルーイノベーションフレームワーク」を活用したイノベーションを起こす仕組み作り、最新テクノロジーを活用したソリューションの提供、産官学連携による技術イノベーションなどにより、新しい価値創造を支援します。

マーケティングイノベーション

消費者インサイト、データアナリティクス、デジタルマーケティング、パーソナライゼーション、人工知能(AI)、オムニチャネル経験、デザイン思考など、デジタル化にまつわるさまざまな要素が事業のあらゆる側面を変革させ続ける中、顧客を理解し、顧客の期待を上回ることがますます重要になっています。

PwCは、企業がビジネス・経験・技術を適切に組み合わせた計画を立案し、プロジェクト開始直後から実行可能な変革を促すとともに、今後何年にもわたって持続可能なビジネスを再定義することにより成果を生み出すことを支援します。

オムニチャネル戦略

ビジネス環境は急速に変化しています。顧客との関係において、企業は「長期的なつながりの強化」「テクノロジーを活用した顧客体験の向上」「顧客接点部門のサイロ化からの脱却と一貫性のある顧客体験の提供」、そしてこれらを通じた収益への明確な貢献が求められています。

PwCは、複数のチャネルを融合し、よりよい顧客体験を提供し続けるための差別化された新しい売り方の具現化を支援します。

SCM改革

サプライチェーン領域では、以前から業務改善や効率化が進められてきましたが、販売―需給―生産―調達といった業務を横断する全社的活動ではなく、特定業務や個社限定で行われることが少なくありませんでした。外部環境の変化が激しく業績をいとも簡単に左右しかねない昨今、企業は全社的なSCM改革を通じて全体最適を成し遂げることが求められています。

PwCは、不確実な将来に向けた計画立案、売上・利益の先読みを行い、変化に対して迅速な対策を打つための戦略立案から業務設計、定着化までを支援します。

スマートファクトリー

近年、製造の現場では製造プロセスのデジタル化が加速しており、製造工程における品質の検証・検査項目は増加傾向にあります。こうした潮流に対応するには、IoT(Internet of Things)やビッグデータ分析を取り入れ、生産管理システムや工程管理システムを再構築することが不可欠です。

PwCは、IoT導入・活用の構想策定、実際のIoT活用製造現場を体験できる「エクスペリエンスセンター」でのPoC概念実証)から構築、稼働までを支援します。

セールス改革

営業と顧客の対面の機会が減少する中、企業が生き残っていくには、データやテクノロジーを活用した生産性と利便性の高い「新しい売り方」、すなわち対面・人を前提としない、データに基づいた、顧客視点で拠点・組織が連携した売り方へと変わっていかなければなりません。

PwCは、IoTを活用した営業活動の見える化やマーケティング・オートメーション・ツールとの連携・最適化、新しいビジネスモデルの共創に向けたアイデアソンと提案型営業の実現、オムニチャネル戦略の実装からグローバル営業体制の再構築など、売上と利益向上に資する営業活動の変革を支援します。

カスタマーサービス変革

商品のコモディティ化、顧客ニーズの多様化、テクノロジーの進歩を背景に、市場環境が大きく変容しており、商品ベースからサービスベースのビジネスモデルへの移行が加速しています。そこで重要になるのが、カスタマーエクスペリエンス(顧客体験)の向上を起点とした長期的な顧客との関係構築です。

PwCは、この鍵となり得るアフターサービスをビジネスにおける最優先課題と捉え、デジタルをフルに活用した顧客体験の向上を支援します。

データマネジメント&アナリティクス

データアナリティクスを活用することで、ビジネスにイノベーションを起こし、全く新しい収益源を見つけ出し、これまで想像もしなかった製品や提案を生み出すことができるようになります。それはいわば、新しい強力な武器を手にするようなものです。

幸い、データという資産は、すでに企業の掌中にあります。PwCは、現状を分析した上で、強固なデータ収集基盤の構築、高度な分析力を利活用した戦略・戦術の策定、業務の効率化と収益改善、そして新たな事業機会の探求を支援します。

コスト構造改革

後戻りのできない不確実性の高い環境にどのように備えればよいのでしょう。企業は、成長や存続の可能性を損なわないやり方でコストを削減しなければなりません。生じている変化があまりに大きいため、再定義と再構築を図って体力とアジリティ(敏捷性)を確保する必要もあります。

PwCは適切なコストを適切な方法で削減するために、コストの再配分、コスト構造の再構築、新業務の構築・移行まで、成長に適した企業体質への変革を支援します。

デジタルエクセレンスマネジメント

DXはビジネスモデルそのものの変革であり、組織横断での取り組みを継続することで本来の改革効果を期待することができます。そのためには関係する組織を代表する要員の確保、ノウハウの蓄積と活用、DXの継続的推進を組織的に行う必要があります。

PwCは、センター・オブ・エクセレンス(CoE)の設立など、企業がDXの成功体験を積み重ね、リバウンドすることなくDXの効果を継続的に享受するための体制作りを支援します。

事業連携ガバナンス

複数事業にまたがる事業構造改革においては、各事業で推進するDXが連携、連動し、事業全体のデジタルストーリーの実現に向かうような事業連携ガバナンスが重要になります。

PwCは、現場と一体となり変革の進捗把握や施策の有効性・リスク検証を行うことで、各事業のステークホルダーが全体との整合性に確信を持って各種取り組みを推進する体制作りを支援します。

サプライチェーンレジリエンス・サードパーティ/サービスレベル評価・管理強化

業務のグローバルアウトソーシングが急速に拡大している中、その戦略上、サービスプロバイダーにおける業務・プロセス・処理結果への信頼性と透明性の向上が不可欠です。

PwCは、保証報告書を価値の高いものにするために、単に第三者保証報告書を発行するだけでなく、どのようなステークホルダーに対してどのような保証を得るべきか、保証スキームの計画段階から第三者保証制度を活用した受託サービスの強化を支援します。

デジタル経済課税

デジタル経済の急速な進展とともに、多数の国・地域のユーザーにデジタルサービスを提供することで収益を上げる企業が増えています。一方で、デジタル課税に係る諸問題について各国・地域でどう対処すべきか、新たな難題が生まれています。

PwCは、OECD/G20 BEPSプロジェクトの経緯や検討案などを踏まえ、デジタル経済課税に関する税務アドバイスを提供します。

主なサービス

デジタル 経済課税

コントロール・レポーティング・モニタリングのデジタル化・最適化

変化の激しい経営環境においては、経営の基盤となるさまざまなデータを用いたオペレーションのスマートコントロールや、意思決定スピードを向上させるデータドリブン経営への変革が求められます。

PwCは、データドリブン経営を支えるツール選定、新プロセスの検討・導入支援、コントロール・レポーティング・モニタリングのデジタル化・最適化、データアナリティクスの導入・活用支援を通じて、企業の適時、適切な意思決定プロセスの構築を支援します。

サイバーセキュリティ&プライバシー

第三者からのサイバー攻撃がビジネスに与えるインパクトが大きくなり、それによるサイバーインシデントがビジネス継続の成否に直結する時代において、企業には、あらゆる領域においてサイバーインシデントが発生し得るという前提に立った対策が求められています。

PwCは、高度なサイバー攻撃の検知をはじめ、インシデントが発生した際の迅速な事故対応や被害の最小化、さらには再発防止から対策の抜本的見直しまで、業種・業界の特性を踏まえたさまざまなアプローチを通じて、クライアントにとって最適なサイバーセキュリティ対策を支援します。

デジタルストーリーの全体像

PwCは、デジタルトランスフォーメーションの推進にあたって、戦略の立案から実行に必要なケイパビリティの向上に加え、サイバーセキュリティやガバナンス、コントロールといったトラストの視点も含めた包括的な検討が必要であると考え、デジタルにまつわる企業の経営アジェンダを下図のとおり整理しています。

PwCは、成長に向けたビジネスのトランスフォーメーションと同時に、信頼を確保するためのトラストの両面から、ニューノーマル時代に適応していくための企業の取り組みを支援します。

全体像はこちら

デジタルストーリーを構成する6つの経営アジェンダ

1.デジタル戦略

“Strategy through execution”
デジタル化をはじめとする社会や産業構造の変化に対応し、デジタルトランスフォーメーション(DX)戦略立案から実行まで、企業が取り組むべきDXの実現を支援します。
詳細はこちら

2.事業構造(バリューチェーン)のデジタルトランスフォーメーション

先端テクノロジーを活用したバリューチェーンイノベーションの実現、顧客との関係や商流を新たに作り直すバリューチェーンの再構築、およびバリューチェーン計画などDX推進におけるガバナンス体制の構築を支援します。

3.経営基盤(経営管理/コーポレート機能)のデジタルトランスフォーメーション

業績評価制度・投資管理・財務管理の強化や事業計画策定の高度化、企業経営におけるデジタル対応など、経営基盤となるコーポレート機能のDXを総合的に支援します。また、アシュアランス、税務、フォレンジックなどの観点から、信頼確保に向けたガバナンス構築・強化を支援します。
詳細はこちら

4.デジタルトランスフォーメーション実現に向けたITプラットフォームの整備

DX実現に向け、既存のITシステムの変革、およびデータの利活用に向けたデータ蓄積・管理基盤や活用支援機能などの新たなインフラ作りを支援します。また、データガバナンスやAIガバナンスなどの「トラスト」の構築・強化を支援します。
詳細はこちら

5.人材・組織・カルチャーの変革(デジタルトランスフォーメーション)

人材や組織のデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めるにあたり、カルチャーの変革は非常に重要です。DX成功の鍵は、人のマインドセットを変えることにあります。
人材や組織のデジタル化からデータに基づく施策設計や意思決定プロセスの構築まであらゆるDX推進を支援します。
詳細はこちら

6.デジタル技術を活用した新規ビジネス/事業の推進

デジタル技術を活用した新規ビジネス/事業の構築およびM&Aの実施に加え、スマートシティ、MaaS、ヘルスケアなどのデジタル社会基盤の実現を支援します。また、デジタル新規事業の信頼確保に向けたガバナンス構築・強化を支援します。
詳細はこちら

Digital Anywhere ――あらゆる経営課題の解決に向けて

PwC Japanグループのあらゆるデジタルソリューションが、ここに。

不確実な現代においては、デジタルトランスフォーメーション(DX)をはじめとする変革の成否がビジネスのキーになり得ます。PwCはあらゆる経営課題の解決に向けてdigitalを活用したコンサルティングやアドバイザリーサービスを提供し、企業価値の向上を支援します。

PwCのDXサービスはこちら


{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

鹿島 章

グループマネージングパートナー(戦略、マーケット), PwC Japan

Email

神馬 秀貴

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email