IT投資マネジメント支援

デジタル投資を加速するITコスト適正化

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により経済が停滞する中、直近の収益を確保するためにもコストを削減することが喫緊の課題となっています。IT部門においても短期間での成果が見込めるコスト削減を通じて、会社の収益向上に寄与することが求められます。

一方で、中長期的には企業の収益性の向上に向けた新たな成長領域のためのデジタル投資費用を捻出する必要があります。

コスト削減における課題と解決の方向性

ITコスト削減マネジメントとITバリューマネジメントを行うことで、維持管理コスト中心からデジタル投資など新規投資中心のITポートフォリオへ移行を図ります。

PwCのアプローチとサービス

① ITコスト削減マネジメント

 ITコスト適正化検討(IT Cost Management)では、活動目的や具体的目標などを踏まえて調査計画を策定した上でITコストの分析を行い、削減施策立案、実行計画策定まで支援します。

② ITバリューマネジメント(IT Value Management)

経営/事業戦略と整合性が取れた案件を選別し、モニタリングや評価を通じた軌道修正のサイクルを回すことでIT投資によるリターン最大化を支援します。

PwCのサービスの特長

  1. 数億~数十億円規模のコスト削減の実績多数
  2. 短期間でコスト削減余地の診断が可能
  3. 報酬体系を着手金と成果報酬に分割することが可能

{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

荒井 慎吾

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

福田 健

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

吉田 大吾

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email