アジャイル開発支援

アジャイル開発において陥りがちな罠

全ての開発がアジャイルに適しているわけではない

アジャイル開発の本質は、段階的に開発することによるビジネス効果の早期の創出にあります。アジャイル開発では小さなサイクルで要件変更し、軌道修正しながら段階的にシステムを構築します。そのため、段階的な構築ができない基幹系のようなシステムについては、アジャイル開発を適用すべきではありません。また、アジャイル開発をしてもソースコードやテストの量は減るわけではないため、開発コストの削減にならない場合があります。

プロダクトオーナーが決定権限を持たない

本来、プロダクトオーナーは開発するシステムに対して最終的な決定権限を持つべきですが、プロダクトオーナーに十分な権限が与えられていないことがあります。この場合、多段階でレビューが繰り返され、アジャイル開発の目的の1つである機敏さが失われます。

ウォーターフォール型開発のプロセスを取り込もうとする

ウォーターフォール型のプロジェクトレビュー、品質評価、リリース判定などの仕組みを無理に適用させることにより、本来のアジャイルの形が失われ、最終的には短いスパンのウォーターフォール(ミニウォーターフォール)型の開発になることがあります。この場合、アジャイル開発の利点である柔軟性や俊敏性が阻害される可能性があります。

アジャイル開発を進めるためには変革が必要不可欠

「一方通行」から「繰り返し」へ

アジャイル開発では完成したシステムを提供して終わりではなく、現場からのフィードバックを得ながら修正を繰り返し、改善していかなければなりません。アジャイル開発に適合するためには、開発プロセスとして取り入れるだけにとどまらず、品質管理、工程承認、予算管理など幅広い領域での対応が必要です。

「十分検討して動く」から「動いて軌道修正」へ

ウォーターフォール型開発で前提となっていた、事前にきっちりと計画を立てるという考え方や行動様式を一新し、開発を進めながら軌道修正していくというアジャイルな考え方を組織に植え付けることが必要です。

「スケジュールFix型」から「体制Fix型」へ

アジャイル開発を進める上では、これまでのようにスケジュールを確定した請負形態の契約では対応できないことが多々あります。開発ベンダーとの関係や契約形態に対する考え方の再考が必要です。

アジャイル開発を支えるPwCのサービス

1.実行支援

クライアントのアジャイル開発プロジェクトにメンバーとして参画し、準備・立ち上げから実行までの各局面においてプロジェクトの成功に貢献します。

2. マチュリティ分析

アジャイル開発におけるクライアントのマチュリティ(成熟度)を診断し、今後のアクションについてのアドバイスを行います。

3. リスク分析

遂行中のアジャイル開発プロジェクトに対するリスクの洗い出しと今後のアクションについてのアドバイスを行います。

4. ITガバナンス

アジャイル開発に対応するためのITガバナンス(各プロセス、ベンダー管理、承認・報告体制など)の変革を支援します。

5. 人材育成

クライアントの現状を分析し、アジャイル開発プロジェクト運営を行うための人材育成プランを検討します。


{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}