データ基盤の構築

基盤の構築と投資の最適化によるデータ駆動型への転換

良質のデータが優れたインサイトを生む

データ駆動型への転換は、データを整理することから始まります。データのメリットを享受するには、強固なデータ基盤が必要です。PwCは、以下の三つの領域を中心に、データアナリティクスに関するサービスを提供しています。

  • データの把握:クライアントが所有しているデータと、作成または入手が必要なデータを把握します。また、強固な基盤の構築とデータに裏付けられたインサイトの導出に必要な要素も把握します。
  • データの整理:適切なデータを把握・入手したら、これをスリム化・整理・統合する必要があります。対象となるデータには通常、クラウド、データレイク、その他の新しいデータストレージやデータ・インテグレーション・テクノロジー上にあるデータが含まれます。
  • データの信頼性を確立:データには透明性と安全性が求められます。その基盤となるのが優れたデータガバナンス、データ品質、データ・クレンジング・プロセスです。

PwCは確かなデータ分析手法を用い、100年以上にわたって、クライアントの情報分析と信頼性確立を支援してきました。長年積み重ねてきた経験を基に、クライアントとともにデータアナリティクス戦略を立案します。最適なチームを編成して戦略を実行に移すとともに、データ駆動型の企業文化の醸成を支援します。

build-your-data-foundation

loading-player

Playback of this video is not currently available

Click to share

主なサービス

データアナリティクス戦略

データアナリティクスを活用するには、達成したい戦略目標と成功する組織の構築手法を明確に理解することから始めなくてはなりません。

これはビジネス戦略であり、そのためにはビジネスを理解するパートナーが必要です。

PwCは100年以上にわたって、クライアントのビジネス基盤における信頼構築と重要課題の解決を支援してきました。長年培ったデータアシュアランスに関する知識・経験を基に、コマーシャルインサイトについては詳細かつ大局的な視点で捉えていきます。PwCの各国オフィスに所属するあらゆる業界や各種サービスの専門家に加え、テクノロジーパートナー、業務パートナー、優れたスタートアップ企業とも連携しながら、適切な人材を確保して支援します。

データアーキテクチャ

データレイクを構築してデータウェアハウスを作成、組織に導入して活用を図ります。今日のビジネスは、多様なデータ資産に対応し、データ処理とアナリティクスのスピードアップを図り、イノベーションとコスト削減を実現する次世代のアーキテクチャを探し求めています。

PwCは、データの蓄積と社内や複数のシステム間でのデータ共有に最適な方法の検討と導入を支援します。また、従業員とシステムによるデータの活用と処理も後押しします。

データアシュアランス

データは至る所にあります。データを利用して、よりスマートな意思決定をしようとお考えかもしれません。しかし、どのようなデータを所有し、それがどこに保管されているかご存じですか?データの出所は確かですか?そもそもデータの中身は正確ですか?新たなシステムが導入されたら、確実にデータを移行することができますか?

PwCは、優れたアナリティクス機能の構築に必要なデータの収集、検証、モデル化を支援します。長年培ってきた監査とデータアシュアランスの知識と経験に基づき、グローバルなデータサイエンティストが、信頼できるデータを用いて強固なビジネスを構築します。

データディスカバリー

データは膨大ですが、時間は限られています。ビジネスに必要な情報を迅速かつ最小限の労力で入手したい時、どうしますか?

データディスカバリーを用いれば、迅速かつ簡単に異常値を検出し、ビジネスのパターンを発見することが可能です。PwCでは、まず組織全体のさまざまなソースからデータを収集・統合します。その後、データの操作・可視化を支援し、高度なアナリティクスを適用します。その結果、クライアントはトレンドや異常を検知し、情報に基づいた意思決定ができるようになります。

データ駆動型の企業文化

PwCはクライアントと協力しながら、データアナリティクスを最大限活用できる組織の構築に取り組みます。

最終的に目指すのは、データに裏付けられた意思決定によってビジネス戦略を推進する組織の構築です。包括的なデータを用い、アナリティクスを適用することで、従業員の直感と経験を補います。本能的な判断に、データを用いて客観的な根拠を与えます。

PwCは、クライアントが自信を持って意思決定を行うことができるよう、適切なチーム編成、適切なツール選択、適切な指標設定を支援します。

データガバナンス

データガバナンスは信頼と自信を醸成します。データのリスク管理は大切ですが、優れたデータガバナンスの実践はそれ以上に大切です。しかしながら、データガバナンスに万能モデルはありません。

優れたデータガバナンスは、ビジネスの文脈を踏まえて構築され、戦略や事業上の優先課題に合わせてデータの優先度が変わる可能性を認識しています。既存の体制やプロセスに適合しているため、適切なデータ管理を行いやすくなります。また各データの重要度が同じではなく、優先順位に従ってデータを管理する必要性も織り込まれており、最も重要なデータにしかるべき注意が向けられるようになっています。

PwCは、優れたデータガバナンスの構築を支援します。そうした仕組みによって、組織全体にデータに対する信頼性が生まれます。

データガバナンス態勢の構築支援サービス

データマネタイゼーション

データ基盤が整備されると、これまで以上にデータを資産として活用することができます。

効果的にデータをマネタイズ(収益化)するには、所有しているデータの価値を理解しなければなりません。そのためには、データを捕捉するためのインテリジェントなコネクテッドシステムとプロセスが必要です。また、クラウドベースのデータマネジメント、AI、機械学習、複雑な作業を遂行できる特別なアルゴリズムといった技術も必要になります。さらに、プライバシーを保護し、リスクを回避するためのガバナンスとマネジメントも不可欠です。

PwCは、新たな収益源となり得るデータを特定し、その可能性を現実のものにするための支援を提供します。

データ品質

データは至る所にあります。データを利用して、よりスマートな意思決定をしようとお考えかもしれません。しかし、どのようなデータを所有し、それがどこに保管されているかご存じですか?データの出所は確かですか?そもそもデータの内容は正確ですか?新たなシステムが導入されたら、確実に移行することができますか?

PwCは、長年培ってきた監査とデータアシュアランスの知識と経験に基づき、信頼できるデータを用いて強固なビジネスを構築する方法を理解しており、優れたアナリティクス機能の構築に必要なデータの収集、検証、モデル化を支援します。

データの可視化

データを説得力のあるかたちで可視化すれば、データに命が吹き込まれます。しかし、PwCのDigital IQ調査によれば、データの可視化に投資しているエグゼクティブは、わずか31%です。

人間の脳は、グラフや図形化されたデータを用いると、より速く効率的に処理することができます。可視化されたデータによって、トレンドの特定や異常値の検知、質の悪いデータの検出などを迅速に行うことができるのです。

PwCは、クライアントの意思決定を支援するだけでなく、可視化されたデータを誰もが利用できるビジネスツールに変えることができます。マップや図表、シミュレーションを用いることによって、クライアントはビジネスのあらゆる領域で日々アイデアを試し、シナリオを検証し、意思決定の影響を確認することができるようになります。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

中山 裕之

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

ヤン ボンデュエル

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

藤川 琢哉

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

久禮 由敬

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

織田 耕二

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

池田 雄一

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email