デジタルガバナンス整備支援

デジタルガバナンスとは

昨今のテクノロジーの進展やデジタルトランスフォーメーション(DX)の隆盛は、社会や企業に変革をもたらすと同時に複雑な環境変化を引き起こし、リスクの予測とコントロールを困難なものにしています。企業には、これまで以上にリスクや機会に対する機動的なガバナンスやリスクマネジメントの整備、継続的な運用が求められています。また、小さな失敗を繰り返し、そこから学びながらガバナンスを継続的かつアジャイルに高度化することで、企業価値の維持・向上につなげることが不可欠となっています。

このような状況下、企業はビジネス変革や社会との価値共創を目的として、デジタルガバナンスを起点としたDX推進に取り組み始めています。2020年11月に経済産業省が、企業のDXに関する自主的な取り組みを促すことを目的として公表した「デジタルガバナンス・コード」では、経営ビジョン、戦略、経営管理(財務・非財務指標の定義、データ利活用)、組織・人材、システムといった、企業が変革において取り組むべき事項が示されています。

デジタルガバナンス とは

デジタルガバナンスの整備にあたっては、経営層のリーダーシップのもと、環境変化とリスクを分析し、変革の方向性を明らかにし、社内コンセンサスを形成することが重要です。また、経営から現場に至るまでの多岐にわたる課題を総合的に検討し、既存のガバナンスやリスクマネジメントをアップデートする必要があります。さらに、流動的な環境変化とリスクに柔軟に適応するために、デジタルガバナンスをアジャイルに高度化していくことが求められます。

デジタルガバナンス とは

PwCのサービス

PwCは、アドバイザリー業務を通じて培ったDXに関する知見・経験と、監査をはじめとした保証業務を通じて培ったコーポレートガバナンスやリスクマネジメント、内部統制に関する知見・経験を活かして、デジタルガバナンスの整備および運用を包括的に支援します。

PwCの サービス

主要メンバー

宮村 和谷

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

小形 洸介

マネージャー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}