サイバー記者が語る「日本企業におけるサイバーセキュリティ対応の実態」(日経/朝日/共同通信)

  • 2024-06-19

近年、国際情勢の不安定化やテクノロジーの急速な進歩により、サイバー攻撃の手法は日々複雑化・高度化しています。企業のサイバーセキュリティ担当者は、従来の対策に加えて、事業継続性の確保やブランドイメージの保護、さらに顧客情報の管理といった観点から、包括的な対応策を講じなければなりません。本セッションでは、サイバーセキュリティ分野に精通する3名の記者が、日本企業のサイバーセキュリティの現状や課題をメディアの立場から捉え、あるべき対応の未来像について語り合いました。(本文敬称略)

登壇者

株式会社日本経済新聞社
記者
寺岡 篤志氏

株式会社朝日新聞社
編集委員
須藤 龍也氏

一般社団法人共同通信社
ニュースセンター 副センター長
下山 純氏

モデレーター

PwCコンサルティング合同会社
ディレクター
上杉 謙二

左から 上杉 謙二、寺岡 篤志氏、須藤 龍也氏、下山 純氏

左から上杉 謙二、寺岡 篤志氏、須藤 龍也氏、下山 純氏

主要メンバー

上杉 謙二

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

本ページに関するご質問は下記にて承ります