Future of Manufacturing Working Group

未来創造型のコンサルティングサービスを用いて未来の製造業のあるべき姿を実装支援するワーキンググループです。

活動目的

Future of Manufacturing Working Group(以下、本ワーキンググループ)は、Future Design Lab傘下のワーキンググループとして「日本の社会課題解決に貢献し、世界の持続的成長を支えるものづくりエコシステムを創造すること」を主たる目的として掲げ、未来のものづくりの在り方を創造する各種サービスを展開しています。

現代の私たちを取り巻く環境は、急速なテクノロジーの進化がもたらすビジネスのゲームチェンジ、世界のさまざまな国における政情不安やテロ、各種災害や世界的感染症の流行などによって日々大きく変化しており、将来予測の複雑性は増す一方です。また、従来のビジネスにおいては経済成長や経済合理性が最も重視されてきましたが、現代においては、社会善や持続可能性が重要視されるようになってきました。時代は、今まさに、パラダイムシフトを迎えていると言っても過言ではありません。

不確実性が高い現在、製造業においてもさまざまな問題が顕在化しており、社会全体が抱えるさまざまな問題と絡み合うことで、一層複雑化しています。しかし、未来が不確実であるということは、リスクだけではなく、同時に多くの機会を生み出します。PwCは、複雑化する環境の中で将来を見据え、製造業のあるべき姿を模索しながら戦略を策定し、新たな価値を生み出す「未来のものづくり」の実装を支援します。

本ワーキンググループでは、PwCが独自に開発した未来創造アプローチと方法論を駆使し、製造業各社が抱える多岐にわたる課題の総合的な解決を目指すとともに、製造業全体の底上げに、積極的に取り組んでいます。

サービス概要

本ワーキンググループでは「デジタルものづくり時代の産業・雇用の創造」、「アナログとデジタルものづくりの融合」、「プラットフォーム・エコシステム志向」をモットーに、6つの領域におけるPwC独自のサービスを臨機応変に組み合わせ、未来創造型のビジョン策定と実装をサポートします。

  • デジタルものづくりバリューチェーンデザイン
    インファクトリーとその外延も含めた未来志向のものづくりグランドデザインの支援
  • データ駆動型ものづくりデザイン
    ものづくりのデジタルデータに着目したプロセスのリデザインの支援
  • 循環型ものづくり社会デザイン
    実践を通じた循環時代のものづくり・産業・地域経済の在り方のデザインの支援
  • ものづくりポリシーデザイン
    PwCのグローバルネットワークを生かした世界目線・未来目線の政策提言支援
  • ものづくり産官学エコシステムデザイン
    産官学を横断した未来志向のエコシステム・コンソーシアムのデザイン・運営支援
  • 未来型デジタルものづくり人材の再定義
    既存のものづくり人材のデジタルトランスフォーメーション(DX)および新たなデジタルものづくり人材の定義と育成の支援

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

三山 功

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

有澤 卓

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

石川 慶紀

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

神馬 秀貴

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

豊島 良彦

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email