PwC’s Cyber Intelligence キャッシュレス社会 システム会社のエンジニアが狙われている

加速するキャッシュレス決済の普及

現在、世界的にキャッシュレス決済が推進され、既に私たちの日常生活にも浸透しました。

経済産業省の『キャッシュレス・ビジョン』(※1)によると、各国のキャッシュレス政策はさまざまな事情から実施されており、結果として経済状況を大きく好転させていることが分かります。

キャッシュレス決済は主にカード決済(クレジット、デビット、プリペイド)/電子マネー決済(ICカード、スマートフォン)/QRコード決済(スマートフォン)に分類され、特に後者2つは急速に市場を拡大しています。

キャッシュレス化の進展によって、支払いデータの利活用による消費の活性化や、実店舗などの無人・省力化、不透明な現金の流通の抑止による税収向上などにつながることが期待されています※1。今後も日本は政府主導のトップダウンによる強いキャッシュレス推進により、飛躍的にキャッシュレス決済の普及が進むと考えられます。

執筆者

名和 利男

PwC Japanグループ, サイバーセキュリティ最高技術顧問, PwC Japan

Email

岩井 博樹

PwC Japanグループ, スレットインテリジェンスアドバイザー, PwC Japan

Email

林 和洋

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

村上 純一

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}