Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

Women in Data & Analytics

データアナリティクス コンサルタントの女性社員の活躍

リーダーメッセージ

PwC Japanグループ(以下、PwC)のData & Analytics(D&A)チームでは、多様な個性を持った女性が働いています。互いの価値観や感性を尊重し、時にリーダーシップを発揮しながらプロジェクトを進めていく姿は、クライアントのみならず、私を含むチームメンバーにもさまざまな示唆を提供してくれています。女性スタッフの存在自体が私たちの強みになっているのです。

日本における女性のデータサイエンティスト・データエンジニアの数は、男性に比べて圧倒的に少数と言われます。そういった環境下、PwCのD&Aにおいて多くの女性が活躍しているのには、3つの理由があると考えています。

1. 多国籍チームであること

PwCのD&Aで働く女性の約半数は外国籍です。個性も価値観もさまざまな人間同士ゆえ、共に働く上ではさまざまな葛藤が存在すると思われるかもしれません。D&Aでは、共通のゴール・目標に向かって協働し、切磋琢磨することで、互いを理解・尊重する風土が自然と生まれています。海外に目を向けると、データサイエンティスト・データエンジニアとして活躍する女性は数多く存在します。私たちは日本で働きたい外国籍の方を歓迎していますし、多様な個性が混ざり合うことでさらなる化学反応を起こしていけることを期待しています。

2. 入社後にスキルアップできること

PwCのD&Aには、テクニカルスキルを学ぶ体系的なプログラムが存在します。6カ月をかけて、eラーニングとOJTによる集中的なスキルアップを図ります。名ばかりのOJTではなくクライアントに報酬を請求しないOJTであり、チームが投資をして育成に責任をもって取り組みます。現時点ではスキルに自信がないという方でも活躍できる土壌が、D&Aには豊富にあるのです。テクニカルスキルの獲得のみならず、プロジェクトリーダーや組織のチームリーダーといった新たな役割にチャレンジする機会も性別問わず平等に存在し、チームもそのチャレンジを最大限にサポートします。

3. 時間と場所を問わず柔軟な働き方ができること

D&Aは、仕事と家庭を両立させながら男女共に長く働き続けられる職場環境の維持に努めています。女性だけでなく、男性メンバーの育児休暇取得率もほぼ100%となっています。リーダーである私自身も、2人の子供それぞれの出産時に育児休暇を取得しました。家庭環境や生活状況を理解し、柔軟に対応することができるため、男女問わず「働きやすい」との声が多く聞かれる職場です。

PwCコンサルティングの福利厚生について

クライアントからデータを預かって分析を行う業務の特性上、働く場所を問わないプロジェクトが多いのも事実です。いつでもどこでも仕事ができるため、子育て・家事・介護などと両立しているメンバーも少なくありません。

先述のとおり、PwCのD&Aにとって、女性コンサルタントの活躍は競争力の源泉です。ライフステージにおけるさまざまな制約によりキャリアをあきらめてしまう女性は少なくないと言われます。PwCのD&Aで、素晴らしい仲間と共に、最先端の技術を駆使しながら、社会における重要な課題の解決に取り組んでみませんか。私たちは、あなたのチャレンジを最大限にサポートします。


PwCコンサルティング合同会社 パートナー
藤川 琢哉

女性社員インタビュー

館野 紅理奈

PwCコンサルティング合同会社 シニアアソシエイト 館野 紅理奈のキャリアを紹介します。

詳細はこちら

趙 迪

PwCコンサルティング合同会社 マネージャー 趙 迪のキャリアを紹介します。

詳細はこちら

 

浅野 絢子

PwCコンサルティング合同会社 マネージャー 浅野 絢子のキャリアを紹介します。

詳細はこちら

主要メンバー

藤川 琢哉

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

浅野 絢子

マネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

趙 迪

マネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email