Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

データマネジメント態勢構築支援サービス

多くの企業が、デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みを進めています。DXに関する取り組みには、新しいビジネスの創出、既存ビジネスの高度化、法規制対応など、さまざまな目的がありますが、その推進にあたっては、あらゆる局面において、データにまつわる課題が存在しています。 いくら最新のテクノロジーを導入しても、扱うデータがビジネスの目的に耐えられる状態になければ、期待した効果は得られません。

PwCあらた有限責任監査法人では、データマネジメントを実効的に運用するための組織態勢構築を支援する「データマネジメント態勢構築」、さまざまなビジネス要件に応えるデータモデル設計やデータタクソノミーの整理を支援する「データアーキテクチャ整理」、継続的にデータ品質を評価する態勢を導入する「データ品質管理態勢構築」、データの所在と定義を共有できるデータ辞書やカタログの作成を支援する「メタデータ管理の実現」といったサービスを提供しています。これらの取り組みを中心に、企画立案から導入、継続的な運用、高度化まで、データマネジメント態勢の構築を一貫して支援します。

{{filterContent.facetedTitle}}