Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

気候変動関連支援

TCFD対応およびネットゼロ社会の実現に向けた経営戦略の策定、気候変動リスクと機会のシナリオ分析、炭素関連資産の特定と管理、関連KPIの設定、情報開示など、企業における気候変動ガバナンスと戦略の強化を支援します。

気候変動によるビジネスへの影響とは

TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)が発足した2017年以降、企業・金融機関は気候変動がもたらすビジネスインパクトにますます注目するようになりました。気候変動による主要なリスクは、移行リスクと物理的リスクに分けられ、双方ともすでに顕在化しています。日本を含む経済大国は2050年までのネットゼロ社会の実現にコミットしており、それに伴って、エネルギー、交通、素材セクターを中心に、低炭素事業・プロダクトへの移行が新たな経営課題として提起されています。また、気候変動が引き金となる異常気象(台風、森林火災、洪水など)への対応は、セクター横断的な課題とみなされています。企業は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)危機の経験から学び、これからますます顕在化していくことが予測される気候変動危機に備えるため、長期的な観点から対応していく必要があります。

PwCが提供する気候変動関連サービス

PwC Japanグループは、気候変動を取り巻く企業の経営課題の解決に貢献するため、以下のサービスを提供します。

  •  気候関連法規制対応
  • リスクと機会の定性評価
  •  定量的シナリオ分析の実行
  •  気候変動の戦略検討(クライアントファイナンスやESG投資戦略を含む)
  •  新規事業検討
  •  中長期ロードマップ策定

また、投資家やその他のステークホルダーからの要請への対応として、TCFD関連の情報開示をサポートします。国内外の気候関連プロジェクトの豊富な経験を活用し、各企業の課題に応じた個別アプローチで支援します。

1
他社ベストプラクティスの調査
  • TCFDサポーターや同業他社・関連業種の企業から対象企業を選定の上、TCFD開示項目(ガバナンス・戦略・リスク管理・指標と目標)ごとに開示状況を分析
  • 取り組みや開示方法の参考となる情報を整理
2
気候関連リスクと機会の定性評価
  • 企業内の事業ポートフォリオを分類
  • 外部シナリオをベースとした気候変動の「世界観」を整理
  • 事業別のシナリオ下での影響を検討
  • 事業別の定性的なリスクや機会を整理
3
シナリオ分析と戦略検討
  • リスクの高いビジネスラインを特定
  • 特定のシナリオ(1.5℃、2℃、成り行きシナリオ)を設定し、シナリオ下での気候変動によるビジネスへの影響を特定(利益やキャッシュフロー増減を算出)
  • 気候変動の機会を把握し、新規事業・プロダクトを検討
  • 気候変動戦略の策定
4
ロードマップ策定
  • ベストプラクティスの調査、ハイレベルの気候リスクと機会の評価、シナリオ分析などの結果を踏まえ、TCFD対応の短期的・中期的なターゲットを検討
  • 対応事項を優先度付け
  • 取り組みロードマップを作成

主要メンバー

坂野 俊哉

シニア・エグゼクティブ・アドバイザー, PwC Japan合同会社

Email

山﨑 英幸

ディレクター, PwCあらた有限責任監査法人

Email

アナスタシア ミロビドワ

マネージャー, PwCあらた有限責任監査法人

Email