Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

生物多様性関連支援

気候変動と並ぶ重要な課題として認識されるようになってきた生物多様性に関して、生物多様性損失リスクに関する情報提供から戦略策定、KPI設定まで包括的に支援します。

生物多様性の重要性――生物多様性と自然資本が事業に与えるリスクと機会

生物多様性は、世界経済フォーラムの「2020年グローバルリスク報告書」において、今後10年間の発生可能性と影響度が高いリスクの上位5つの中の1つとして挙げられています。

出典:World Economic Forum 2020 Global Risks Reportsを基にPwCが作成

2020年現在、世界のGDPの半分(44兆ドル)以上は自然資本やエコシステムサービスに依存しています。特に、オペレーションやサプライチェーンにおいて自然依存度の高いセクターである「食品」「飲料」「建設」「農業」「林業」「ユーティリティ」は、生物多様性の損失によるオペレーションの中断、価格上昇、供給の低減などから収益が収縮するリスクを抱えています。

生物多様性の損失に関するリスクが及ぼすビジネスへのインパクト

生物多様性に関するリスク(例)

ビジネスへのインパクト(例)

 

1. 自然災害リスクの拡大

 
  • 生態系の破壊による水害の深刻化
  • 気候変動の加速による自然災害の激甚化
  • 不動産など保有資産の[TK3] 価値低下
  • オペレーション・サプライチェーンの途絶による収益の減少
  • 支払保険金の増加による保険会社の保険収支悪化
 

2. 作物・森林・その他自然資源供給の減少

 
  • 植物の病気蔓延へのレジリエンス低下による作物減少
  • 森林面積の減少
  • 原料供給の減少による自然資源高依存セクターの収益の減少
  • 自然資源、食料などの減少による原材料の価格上昇
 

3. 感染症発生リスクの拡大

 
  • 多様な生物間の接触増加による新規ウイルスの感染拡大
  • パンデミック発生によるサプライチェーン・企業オペレーション途絶
  • GDP収縮による企業の収益の減少
 

出典:WEF ”Nature Risk Rising”、IPBES “The Global Assessment Report on Biodiversity & Ecosystem Services”、WWF ”Global Futures Report”などを基にPwCが作成

また、自然資本と生物多様性の保護は、生物多様性の損失により顕在化するリスクを軽減するだけでなく、2030年までに10兆ドルの事業機会をもたらすと言われており、そのリスク・機会ともに気候変動と並び重要性・注目が高まっている課題の1つです。

TNFD(自然関連財務開示フレームワーク)の策定

生物多様性損失リスクの重要性を踏まえ、2019年、TNFD(Task Force on Nature Related Financial Disclosures:自然関連財務開示フレームワーク)と呼ばれる、生物多様性と自然関連のリスクと機会の開示に関する取り組みが開始されました。

TNFDは、金融機関に対して主に以下2つの観点での分析・開示を求めています。

  • 金融機関の投資活動において、投融資先企業は生物多様性損失リスクにどのような対応をしているのか
  • 自社のオペレーションは、エコシステムにどのようなインパクトを与えているのか

また、TNFDとは別に、「Science Based Targets for Nature」と呼ばれる科学に基づいた自然関連目標の設定と情報開示を促進するイニシアティブも開始されており、生物多様性に関する規制やソフトローが今後ますます広がっていくことが予測されています。

PwCのサービス

企業に求められる生物多様性損失リスクへの対応として、以下が挙げられます。

  • 投融資ポートフォリオ、または自社オペレーションおよびサプライチェーンにおける生物多様性へのインパクト評価
  • 生物多様性損失リスクの評価と管理
  • 自然確保機会の評価と拡大

PwC Japanグループでは、対応を必要とされる金融機関やその他セクターの企業向けに、以下のような生物多様性関連サービスを提供します。

  1. 生物多様性関連の最新動向の整理およびベストプラクティスの分析支援
  2. 自社事業やバリューチェーン全体における生物多様性関連のリスクと機会の特定と評価支援
  3. 生物多様性に関する戦略策定とKPI・目標設定支援
  4. 生物多様性の保護に関する方針策定支援
  5. TNFD・Science Based Targets for Natureイニシアティブへの参加と対応に向けた準備対応支援

主要メンバー

坂野 俊哉

シニア・エグゼクティブ・アドバイザー, PwC Japan合同会社

Email

山﨑 英幸

ディレクター, PwCあらた有限責任監査法人

Email

アナスタシア ミロビドワ

マネージャー, PwCあらた有限責任監査法人

Email