Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

脳科学の産業応用支援

近年の脳科学の発達・進展は著しく、精神疾患と脳の関係性が解明されたり、脳を直接刺激して認知機能を改善する手法が開発されたりしています。米国では、脳に関する国家プロジェクトを起点として、医療分野のニューロスタートアップに対する大規模な投資がスタートしています。一方、日本でも脳の健康に対する国家プロジェクトが推進され、BHQ(Brain Healthcare Quotient)と呼ばれる日本発の脳の健康指標の国際標準規格も生まれています。脳科学は産業化の萌芽期にあると言え、将来的には、健康診断と同じように誰もが脳の状態を測れるようになったり、ゲームをする手軽さで脳をよりよい状態にしたりすることもあり得ます。

「人生100年時代」に向けて、人々の幸福(ウェルビーイング)を中心とした社会経済システムへの転換の必要性が世界的に叫ばれる中、このような最先端の脳科学をどのように活用していくかは、企業が今後、競争優位性を構築する要諦の一つになってくるでしょう。

PwCのサービス

PwCコンサルティングは、脳科学の分野で活躍するさまざまな研究者と連携し、脳科学に関する最新の知見をもとに、顧客や従業員の脳や心の健康を支える新商品や新サービス、新事業の創出を支援します。

  1. 脳の健康に資する商品評価支援
    国際標準規格であるBHQを用い、商品の脳への健康効果や快適さ、幸福感への影響などを評価するための研究開発を支援します。
  2. 脳情報を活用したサービス開発支援
    脳情報の活用から新たな価値を生み出すサービス開発を通じ、民間企業の顧客開拓を支援します。
  3. 脳の健康を目標としたアライアンス支援
    BHQドックや脳情報プラットフォームを用い、異分野・異業種間で脳情報を共有することで、多様な連携の実現を支援します。
PwC のサービス

Technology Laboratoryの取り組み

PwCコンサルティングのTechnology Laboratoryは、世界各国におけるPwCのさまざまなラボと緊密に連携しながら、先端技術に関する幅広い情報を集積しています。製造、通信、インフラストラクチャー、ヘルスケアなどの各産業・ビジネスに関する豊富なインサイトを有しており、これらの知見と未来予測・アジェンダ設定を組み合わせ、企業の事業変革、大学・研究機関の技術イノベーション、政府の産業政策を総合的に支援します。

詳細はこちら

Playback of this video is not currently available

{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

三治 信一朗

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

山川 義徳

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email