レピュテーションリスクマネジメント

「いいね」経済圏突入により高まるレピュテーションリスク

SNSやニュースサイトにおけるコメント機能などの普及により、誰もが気軽に情報を発信するのが当たり前の時代になりました。しかし中には、他者への誹謗中傷をはじめ、他者の評判を貶める悪意あるものも含まれます。また悪意はなくとも、企業の従業員や契約社員・アルバイトによる、自社の商品を不適切に扱う様子を写した「バイトテロ」がオンライン上で「炎上」を招き、企業行動に対するネガティブな噂・評判が爆発的速度で拡散する事象が後を絶ちません。こうしたレピュテーションリスクの多様化と発現の可能性の高まりは、デジタル時代において企業が適切に対処すべき課題の一つとなっています。

PwCのサービス

豊富な支援事例に基づいて、レピュテーションリスクのマネジメント・オペレーション・モニタリング・分析を支援します。マネジメント・オペレーションにおいては、ターゲットオペレーティングモデルの定義を皮切りに、ガバナンス・業務プロセスの設計、管理基準・規定類への落とし込みをグローバルワイドの管理体制の構築も含めて支援します。

図1: レピュテーションリスクマネジメントのターゲットオペレーティングモデルの概念図

モニタリング・分析においては、データプラットフォームを整備し、ウェブサイトやSNSに記録される大量のデータを蓄積すると共に、削除されたデータも含め、インシデントの発生原因を分析します。必要に応じて顧客アンケートや従業員満足度調査といった社内データも分析対象に加え、人工知能(AI)の活用とビッグデータ分析に長けたデータサイエンティストが、ブランドや製品、プレスリリースなどに対するレピュテーションのモニタリング・分析を提供することで、インシデントの予兆を捉え、未然防止を支援します。

図2: レピュテーションリスクの推移とPwCのモニタリング・分析サービス

{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

石塚 喜昭

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

齋藤 篤史

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

吉川 正章

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

若井 潔

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

市川 拡司

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

山崎 幸一

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email