Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

次世代型データプラットフォームサービス

DXやデータドリブン経営を実現するためには、迅速かつ品質の高い意思決定を可能にする環境の整備、データガバナンス・セキュリティの維持、ITコストや投資の適切な配分という3つの要素が求められます。

PwCコンサルティング合同会社では、これら3つの要素を実現する「次世代型データプラットフォームサービス」を展開し、データ利活用やAI・アナリティクスを用いて業務プロセスの見直しによるコストの削減、既存ビジネスの拡大、新規ビジネスの創出、ビジネスモデルといった企業変革を支援します。

次世代型 データプラットフォームサービス

従来技術を用いたデータプラットフォームが抱える課題

社内外のデータを統合し、データ利活用やAI・アナリティクスを用いた業務プロセスの見直しの要となるデータプラットフォームは、企業活動を支える重要な資産として大きな役割を果たしています。一方、これまで、データプラットフォームの多くはDWH(データウェアハウス)やETL(抽出・変換・格納)技術を用いており、データ鮮度、利便性、運用コスト、セキュリティリスクといった観点でさまざまな課題があります。データ利活用のあるべき姿を実現するためには、データプラットフォームに用いられている従来の技術を見直し、これらの課題に対処する必要があります。

従来技術を用いた データプラットフォームが抱える課題

従来技術の課題を解決する「次世代型データプラットフォームサービス」とは

従来技術の課題を解決する 「次世代型プラットフォームサービス」とは

PwCが提供する「次世代型データプラットフォームサービス」は、データプラットフォーム上で物理データを保有することなくデータの統合や拡張を実現し、データアクセスを一元的に管理することが可能な「データ仮想化技術」を採用しており、従来の技術を用いたデータプラットフォームが抱える課題を解決します。オンプレミスで構築したデータプラットフォームのクラウドマイグレーションや既存のデータプラットフォームとの併用も可能で、業務を停止することなく利用できることや、クイックウィンに向けてスモールスタートができることも特長です。

「次世代型データプラットフォームサービス」が採用している「データ仮想化技術」は、データ利活用やAI・アナリティクスを用いた業務プロセスの見直しにおいて次のような効果をもたらします。

データ 仮想化技術

なお、「データ仮想化技術」はデータプラットフォーム上に物理的にデータを保持しないことを踏まえ、目的や用途に応じて従来の技術との組み合わせでの利用を推奨する場合があります。

「次世代型データプラットフォームサービス」による支援例

PwCは、情報系基盤における課題や利用目的に応じて「次世代型データプラットフォームサービス」を展開し、構想策定やPoC(概念実証)、導入、導入後の運用・保守やデータ利活用に関する支援など、課題解決をエンドツーエンドでサポートします。

「次世代型データプラットフォームサービス」 による支援例

{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

市川 秀樹

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

山上 真吾

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email