Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

医療における5G―新たな無線通信規格はコロナ後の医療エコシステムをどのようにつなげるかー

2021-01-27

5Gネットワークの主な優位点は、超高速ブロードバンドであること、超低レイテンシーであること、多数のデバイスを同時に接続できることの3点です。そして、5Gネットワークが持つこの優位点は医療における重要な要素全てを変貌、向上させる可能性を秘めています。この事実は新型コロナウイルス感染症の大流行により医療制度が世界規模でかつてない危機に瀕している今、特に重要な意味を持ちます。例えば、オンライン診療、遠隔手術、巨大な医療ファイルの送受信、施設内での患者の動線追跡、リアルタイムモニタリング用ウェアラブルデバイスの活用、治療情報や患者サポートの継続的提供など、多くの医療分野において5Gを応用できる可能性があります。つまり、5Gは新たな医療エコシステムの可能性の扉を開くために必要とされるレベルのコネクティビティを提供できるのです。そして正確性、効率性、利便性、費用対効果に優れた大規模なシステムによって患者と医療提供者のニーズをマッチさせることが可能となるでしょう。
本レポートでは、医療における5Gネットワークの可能性について考察します。さらに日本における国の政策や法律も交えた議論を示唆として提示します。

医療における5G  新たな無線通信規格はコロナ後の医療エコシステムをどのようにつなげるか

PwCグローバル

{{filterContent.facetedTitle}}