Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

ヘルスケア分野におけるAI導入:なぜ変わらなければならないのか

2020-07-30

PwCの予測では、AIの開発と活用の加速によって、2030年の世界のGDPが最大14%増加すると考えられています。これを金額に換算すると、世界経済が15兆7,000億米ドル成長することになります。AIの活用はまだ始まったばかりですが、AIはあらゆる産業に破壊的変革を起こし、競争優位をもたらす圧倒的な可能性を秘めています。

ヘルスケアサービスの提供の効率化が求められ、人口が増加し高齢化する中、AIを活用することで「より少ない費用でより多くを提供」「一人当たりにかかるコストの管理向上」などにも期待が持たれています。

ヘルスケアシステムでのAIの活用は、全ての人にメリットがあります。患者はこれまでより質の高い医療ケアを受けることができますし、場合によってはその差が生死を分ける重大な差になるかもしれません。また、ヘルスケア制度の運用効率が上がり、能力の最適化が実現します。

本レポートでは、ヘルスケア分野でのAI活用の必要性や利点について、オーストラリアを中心とした諸外国でのAIの活用事例を交えて紹介しています。そして、ヘルスケア分野でAI活用を成功させるためのシンプルなステップ、重要成功要因(CFS:クリティカル・サクセス・ファクター)を解説しています。

{{filterContent.facetedTitle}}