Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

次世代監査で活用されるテクノロジー

PwCの全世界共通の監査システム

強力なデジタルエコシステム

監査に関する技術戦略は、何によって導かれているのでしょうか。

PwCは監査業務における実態と変革を勘案しつつ、テクノロジーへの投資を決定しています。

新たなテクノロジーがローンチされればそれに目を向け、進行中の取り組みから得られる知識や経験を評価し、私たちのグローバルの保証業務のエコシステムや監査手法と連携することで、そのテクノロジーを自分たちの領域に合った形で取り入れています。

同時にPwCの職員が継続的にアップスキリングすることで、より高品質で効率的な監査を実現し、より付加価値の高いインサイトを提供します。

Aura デジタルなエコシステムを実現するプラットフォーム
10万超

PwCグローバルネットワーク全体で、品質と一貫性を担保するためにAuraを使用している監査スタッフの数

監査と監査チームを加速させるオンライン監査プラットフォーム

Auraは、PwCが全世界共通で使用している監査業務のためのオンラインプラットフォームです。私たちはAura上で、被監査会社のビジネス規模に適した監査計画を策定し、監査を実施します。

  • リスクへの対応:
    内部統制の依拠度合いと実証手続を勘案し、リスクレベルに応じて異なるシナリオを検証します。

  • 情報の一元化:
    監査調書の電子化は、監査チームにとって有用な標準化や知識をもたらします。さらに、ダッシュボードとワークフローは、シームレスな連携を可能にします。

  • 被監査会社のビジネスの理解:
    相互に関連したフローチャート化とウォークスルー機能により、リスクアプローチによる監査において求められるビジネスプロセスの理解がシームレスに促進されます。

Playback of this video is not currently available

1:32

PwCグローバルネットワーク全体で使用されるオンライン監査プラットフォーム。監査計画の立案から監査の実施、監査報告書の提出に至るまで、あらゆる業務において活用されています。

※動画内の標準化されたウォークスルー機能は、PwC米国で先行して実装された機能です。

Extract データ抽出
75%

PwCグローバルネットワーク全体で、Extractの導入によりデータ抽出を自動化し、メリットを享受した被監査会社の割合

データのパワーを開放する

スマートで合理的な監査を提供する鍵となるのは、シームレスかつセキュアにデータを抽出するExtractです。これにより、時間の節約や手戻りの防止をしつつ、監査にデータを活用することができます。

Extractは、標準的なERPをはじめ複数のシステムに柔軟に対応します。

  • 自動化と安全性:
    離れた場所にいてもERPからデータをセキュアに抽出し、PwCのData Platformに格納することができます。
  • AIの活用:
    リース契約などの非構造化データをOCRやAIを活用することで構造化データに変換します。
  • 高い操作性:
    標準的なERP以外のシステムに対しても、操作性の高いPwCのツールがデータの取り込みを促進します。

Playback of this video is not currently available

2:57

監査人と被監査会社の双方にとって安全なエンドツーエンドのデータ取得プロセスを実現します。

Halo データ分析
10億行超

Haloが処理可能な仕訳の行数­­

精緻な分析とインサイトの提供

Haloは、膨大なデータの分析を可能とすることで、リスク評価やデータ分析、監査手続の高度化を実現し、価値あるインサイトを引き出すことができる監査システムです。

Haloは、あらゆる業界において各被監査会社のニーズに応えることができます。

  • リスク評価:
    虚偽表示につながる潜在的なリスクを低く抑えることで、Haloは貸借対照表と損益計算書のリスク評価を可能にします。
  • データ可視化:
    監査対象範囲の判断に資するだけでなく、高リスクの取引や潜在的に高リスクの取引も可視化します。
  • インサイトの提供:
    監査に関連するデータを分析し、会計上および業務上のインサイトを提供します。

Playback of this video is not currently available

1:28

大量のデータ分析を通してリスクとなり得る取引を抽出し、より効果的かつ効率的なアプローチを提供します。

Connect 被監査会社との情報共有
9百万超

PwCグローバルネットワーク全体でConnectの87,000サイトを通じて資料を依頼した件数

共通認識を容易にする監査関連資料共有システム

Connectは、被監査会社とPwCの監査チームが24時間いつでも連携し、たとえスマートフォンからでもステータスのアップデート状況をリアルタイムに確認できる監査関連資料共有システムです。Connectを活用することで、世界中どこからでも、すぐに監査を始められます。

  • リアルタイム性:

    ワンストップ・コミュニケーション・ポータルであるConnectのおかげで、電話やEメールでのやり取りはこれ以上必要なくなりました。
    リアルタイムに状況を把握できるということは、遅延や問題を素早く識別し、解決できることを意味します。
  • モバイル対応:
    Connectはスマートフォンやタブレットで操作することができ、被監査会社と監査スタッフの双方がリアルタイムに進捗状況を確認できます。
  • 高い視認性:
    複数拠点で実施される監査において、監査チーム間の調整や識別事項の報告を全て一つのプラットフォーム上で行うことができます。

Playback of this video is not currently available

あらゆる拠点における監査の情報を一つに。被監査会社と監査チームをいつでもどこからでもつなぎ、リアルタイムでの情報共有を可能にします。

戦略的に導くイノベーションと現場から沸き上がるイノベーション

アップスキリング

私たちは、アップスキリングのため、数年にわたって投資を行ってきました。その結果、監査業務に使用する自動化されたワークフローを構築したり、データを可視化するスキルを習得しました。

Digital Lab

Digital Labは、PwCの監査チームが効率化のための新しいツールや自動化を構築、共有し、最新のコンピューター資源にアクセスするプラットフォームです。

コラボレーションスペース

セキュアな環境であるWorkbenchを活用することで、PwCの監査チームはデータを可視化し、その結果を被監査会社と共有することができます。これにより、PwCと被監査会社は離れていてもチームとして円滑に協働することができます。

AIを活用したテクノロジー

Playback of this video is not currently available

Cash.ai

Cash.aiは、現金及び預金の監査手続を自動化するツールです。人工知能(AI)を活用して被監査会社の文書を自動で読み込み、理解し、テストまで行います。処理可能な文書は、決算書の現金及び預金残高、銀行勘定調整表、銀行残高証明書、為替書類、銀行の財務状況などで、実質的に現金及び預金に関する全ての監査手続を完了することができます。グローバル会計専門誌『International Accounting Bulletin(IAB)』が選出する2019年のオーディット・イノベーション・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

詳細はこちら

GL.ai

PwCは、監査業務のためのAIの開発に注力しています。2015年から2017年にかけて、ソフトウェア開発企業のH2O.aiと協業し、AIと機械学習を使用した革新的なプログラムを構築しました。グローバル会計専門誌『International Accounting Bulletin(IAB)』が選出する2017年のオーディット・イノベーション・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

詳細はこちら

Tomorrow's audit, today――次世代監査への取り組み

PwCあらたは、市場をリードするプロフェッショナルのスキル、堅実な監査アプローチ、AIをはじめとするテクノロジーを融合した新時代の監査を通じて、デジタル社会に信頼を築くプロフェッショナルファームを目指します。

詳細はこちら

{{filterContent.facetedTitle}}