障がい者アスリート支援

“Be yourself. Be different.” PwC Japanグループは、障がい者アスリートの挑戦を応援しています。

PwC Japanグループでは、性別や国籍、文化の異なる、さまざまなバックグラウンドを持つ個人が自分らしく、それぞれの能力を発揮しながら活躍しています。

現在グループには12人の障がい者アスリート(Challenged Athlete)が所属し、スポーツそしてビジネスの世界で自らを信じ、多くの壁を乗り越え、可能性に挑戦し続けています。その姿は、多くの人々に夢と感動を与えています。

PwC Japanグループでは、社内のダイバーシティ&インクルージョンカルチャー醸成や、社外への障がい者スポーツ認知活動を通じて、インクルーシブな社会の実現へ貢献します。

障がい者スポーツチーム オフィシャルサポーター

PwC Japanグループでは、障がい者アスリートのデュアルキャリアを支援しています。

また、アスリートが所属する車いすバスケットボール、電動車いすサッカーチームをオフィシャルサポーターとして応援しています。

デュアルキャリアの詳細はこちら

車いすバスケットボールチーム NO EXCUSE

車いすバスケットボールチーム カクテル

電動車いすサッカーチーム レインボー・ソルジャー

車いすバスケットボール支援の取り組み

PwC Japanグループは、車いすバスケットボールを支援しています。所属アスリート自らが講師を務める小学校・中学校向け車いすバスケットボール体験会や社員・職員向け体験会、観戦企画などさまざまな活動を実施しています。こうした取り組みを通じて車いすバスケットボールの社内外での認知・理解を促進し、車いすバスケットボールアスリートの世界に向けた挑戦をサポートしていきます。

※法人名・役職などは掲載当時のものです。

loading-player

Playback of this video is not currently available

日本車いすバスケットボール連盟 オフィシャルサポーター

PwC Japanグループは、日本車いすバスケットボール連盟のオフィシャルサポーターです。

リエゾンボランティア

2017年に開催された車いすバスケットボールの国際大会「三菱電機WORLD CHALLENGE CUP 2017」において、全10名の職員がチームリエゾンボランティアとして大会へ参加しました。参加メンバーは、今回来日したオーストラリア、英国、トルコの各チームに早朝から終日帯同し、チームの監督、マネジャーの相談相手として、また他関係者からの連絡窓口としてフレキシブルかつスピーディーに対応しながら、チームメンバーとの交流を深めました。

自らを信じ、さまざまな壁を乗り越え、限界と可能性に挑戦し続ける選手のプレーは多くの人々に夢と感動を与えています。PwC Japanグループは、車いすバスケットボール代表候補選手の姿勢に共感し、世界への挑戦をサポートしていきます。

2015 IWBFアジアオセアニアチャンピオンシップ千葉 オフィシャルパートナー

PwC Japanグループは、「2015 IWBF アジアオセアニアチャンピオンシップ千葉」をオフィシャルパートナーとして支援しました。PwCあらた有限責任監査法人の職員が大会事務局に対して、会計面のサポートを行いました。

また、同大会には車いすバスケットボール男子日本代表チームのヘッドコーチ、選手として弊グループから3名が出場し、銅メダルを獲得しました。

小学校・中学校向け車いすバスケットボール体験会

PwC Japanグループでは2012年より、コミュニティーに対する活動の一環として、関東・関西の小学校・中学校向けに車いすバスケットボール体験会を開催しています。本体験会では障がい者アスリートが講師を務めており、昨年は約1,200人の学生が参加しました。

体験会では、車いすバスケットボールの楽しさとともに、障がい者アスリートの挑戦し続ける姿を通じて、自分の中の可能性を最大限生かすことやチームワークの大切さを学んでいただいています。

体験会には障がい者アスリートの他、社員ボランティアが同行し、プログラムの運営をサポートしています。

子ども達からのメッセージ
車いすバスケットボール体験会

社員・職員向け障がい者スポーツ体験会・観戦企画

PwC Japanグループでは2013年より、社員・職員と家族・友人を対象にした障がい者スポーツ体験会や大会観戦企画を実施しています。

体験会では、弊グループに所属する車いすバスケットボール、電動車いすサッカーのアスリートが講師を務め、参加者は模擬試合を観戦したり、実際に車いすに乗ってスポーツを体験し、楽しみながら障がい者スポーツへの理解を深めることのできる機会となっています。

社員・職員向け 障がい者スポーツ体験会・観戦企画