RPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)によるオペレーショナルエクセレンスの実現

~業務の自動化から高度化の実現へ~

RPAとは?

RPAの特徴とは

RPAとは「ロボティクス・プロセス・オートメーション」の略で、海外ではデジタルレイバーとも呼ばれており、ホワイトカラーの間接業務を自動化する破壊的技術です。

RPAによって実現できる事項

デスクトップ上で人間がする作業をロボットが記憶することで、定型的な業務を繰り返し反復して自動化することが可能になります。
また、一定のルールを覚えさせることで、基準にもとづいた判断作業も実現可能になります。

技術的な特徴

既存のシステムを再構築することなく、従業員が実施している業務をロボットが自動実行することができます。

企業活動におけるインパクト

RPAは従来のシステム導入と違い、小規模での導入から着手することが可能です。そのため、最短で1カ月~効果を発揮することかできます。

既存のシステムの再構築が不要であるため、システムへの影響はほとんどありません。

人間が実施していた作業をロボットが代替するため、人件費からシステム構築・運用費へと個性が変わります。効果的な導入設計により、アウトソージングなどの外注コストを下回る運用費を実現し、90%以上のコストダウンを実現する事例も出てきています。

人間による作業ではミスが一定の割合で発生しますが、RPAによるロボットが作業を行うと、覚えた業務ルールを逸脱することがないため、業務正確性が格段に向上します。その結果、作業ミスの有無をチェックするという手間や時間が軽減されます。

ロボットは設定された作業以外は動くことがないので、人為的な不正の発生を軽減することができます。統合的なロボットのコントロールやロボットログ管理によりトレーサビリティを確保することもできます。

導入エリアと効果

  • 事務処理エリア
  • 定常業務
  • 量的に困難だった業務
  • 紙の業務のデジタル化

View more

PwCのサービスライン

  • 適用エリアの選定
  • 効果分析
  • POC実証実験
  • ソフトウェアの選定配置
  • 導入支援
  • 運用設計
  • 導入エリア適正性監査
  • ガバナンス設計

View more

PwCの優位性

  • グローバルでの豊富な実績
  • RPAソフトウェアの豊富な知識
  • 業務プロセス改革や働き方改革と連動した効果最大化
  • AIOCRを用いた紙の業務も自動化
  • 業務特化知見のテンプレート化
  • 開発標準センターモデルによる生産性
  • モニタリング自動化ツールによる持続的なPDCAモデルの提供
  • AIを活用した他の付加価値の連携

View more


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

東海林 隆一

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

友谷 康一

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

内野 幸治

マネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email