Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

金融業界向けRPA(Robotic Process Automation)導入支援

ソフトウェアロボットによる業務オペレーションの自動化

Service Overview

マイナス金利の影響で、融資、トレーディング、資産運用など、金融機関のサービスでは売上増加による収益確保が困難になってきています。売上増加による収益確保が見込みにくい現状では、運営コストを削減し、収益を確保することが重要と考えます。

他方、金融機関内に目を向けると、今日の金融機関のシステム構成は、銀行統廃合や法改正対応などの影響で巨大かつ、複雑性を極めており、社外/社内向けとも業務オペレーションが複雑化しています。複数のシステムを前提とした業務オペレーションの実行のために人員を確保しており、運営コストが高い状況が続いています。

課題に対する一つのソリューションとして、ロボットによる業務オペレーションの自動化としてRPA(Robotics Process Automation)が挙げられます。RPAは、仮想知的労働者(Digital Labor)とも言われており、ルールエンジン・機械学習・人工知能などを活用した、主にホワイトカラー業務の効率化・自動化の取り組みです。RPAはソフトウェアロボットの特徴を最大限に発揮し、人の定型的な作業を自動化することが可能になります。PwCコンサルティング合同会社(PwC)は、ロボティクス・AIの技術知見を最大限に活用し、企業の次世代プロセスの構築をトータルに支援します。

企業の次世代プロセスの構築をトータルに支援

Client Issues

多くの金融機関では、単調な作業が増加しています。全ての作業がクリエイティブなものというわけではなく、単純作業が多いことに起因します。また、人が作業することでミスが発生し、余分な作業時間がかかるという弊害もあります。

本人確認/登録

顧客との最初の接点である本人確認/登録業務は、円滑かつ迅速に実施されるべきですが、顧客データをシステムから別システムに入力されるような業務が目立ちます。

支払/資金管理

手作業による支払、振込、資金管理は、誤操作や適時性の欠落を招いてしまいます。

クレジットカード、保険、融資

与信に関わる業務は紙を前提としたオペレーションとなっていることが多く、手作業によるさまざまなソースからのデータや検査結果の収集が業務を困難にしています。

コンプライアンス、システム改修テスト

法令/規制に準拠し、またシステムに欠陥がないことを保証することは、金融機関には必須です。しかし、手作業によって、潜在的な欠陥やシステムバグを埋め込んでしまっています。

Our Approach

クライアントにとっての最優先事項はビジネスゴールの達成です。PwCはクライアントのビジネスゴールを理解した上で戦略策定からRPAツール導入、管理サービスまでをトータルでサポートします。

Our Approach

Our Offering

PwCは、RPAケイパビリティ構築、プロセス間の自動連携、バーチャルBPOのサービスを提供します。

PwC 提供内容

ベネフィット

RPA ケイパビリティ構築

社内ケイパビリティの開拓
RPAプロセスの改善

プロセス間の自動連携

ベネフィット実現の加速化
プロセス設計、デジタル化に係るPwCの幅広いスキルにアクセス

バーチャルBPO

処理効率の拡大、サービスの信用性、的確さの大幅な改善
オペレーショナルリスクの削減

Impacts

事例:国内生命保険会社‐解約返戻金・契約者貸付算出プロセス

PwCは国内生命保険会社に対して、解約返戻金および契約者貸付算出プロセス自動化を支援しました。解約返戻金の算出など、いくつかの処理を手作業で実施していたため無駄な時間が生じていたが、RPAを導入することで証券あたり処理時間を2分から2秒に短縮し、6カ月で37,000件の処理をミスなく行える体制を構築しました。

Impacts

Why PwC?

RPAに向けた戦略立案から実行-オペレーション戦略の策定から導入支援までの知識と国内外金融機関における豊富な実績があります。

 

知識と国内外金融機関における豊富な実績があります

{{filterContent.facetedTitle}}