Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

クラウドCFO(Cloud Consumption and Financial Optimization)

多くの企業が、クラウドの活用を今後の重要な企業戦略のひとつとして掲げています。革新的な製品開発、企業の柔軟性と機敏性向上、コスト削減といった、クラウドの利点に魅力を感じているからです。実際に、パブリッククラウドを利用することによって俊敏性と拡張性を向上させ、イノベーションを実現している企業もあります。しかしその一方、特にコスト削減の観点で、クラウドの活用から得られる効果が当初の期待を下回っているケースが多々あることも事実です。

クラウド費用を最適に保つことは容易ではありません。クラウド費用を最適に保つためには、従来の考え方の延長ではなく、プロセス、アーキテクチャ設計、スキル、ツールなど、新たな考え方に基づいたアプローチが必要です。

パブリッククラウドによるコストの最適化を実現するには

サーバー、ストレージ、ネットワーキング機器、ライセンスなどのライフサイクルおよびコストの管理は、IT部門、特に運用チームにとって工数のかかるタスクであり、重荷となっていました。

パブリッククラウドのコンサンプションモデルは、従来のやり方を一変しつつあります。クラウドはセルフサービスが前提となり、利用者は直接クラウドサービスを入手することが可能です。しかし、従来のガバナンスモデルとスキルでは、その利点を享受できません。適切かつ効果的にクラウドを活用できるような、新たなプロセス、スキルセット、統制モデルが必要です。

最適な費用管理を実現するクラウド効率性スコア

クラウド費用を最適に管理するためには、クラウド活用を前提としたプロセス、ベストプラクティスに基づくアーキテクチャ、スキル、ツールが必要です。「クラウド効率性スコア」は、これらの4つの側面における組織の成熟度を測定します。

PwCは、さまざまな業界や規模の組織と協力して、クラウド効率性スコアが向上する要因を分析し、スコアの測定と追跡が可能な独自のクラウド効率性スコアカードを開発しました。

クラウド効率性スコアの改善を支援します

PwCのクラウドCFO(Consumption and Financial Optimization)ソリューションは、業務遂行に必要なクラウド活用に適した新しいプロセス、コントロール、スキル、ツールを使用して、パブリッククラウドにおけるIT費用の管理と最適化を支援します。

PwCコンサルティングは、クラウドコストの最適化を促進するため、以下のようなサービスを提供しています。

  • クラウドTCO(総保有コスト)分析
    コスト分析とクラウドベンダー評価を実施し、既存システムのクラウド移行に向けた最適な戦略と計画を提供します。
  • クラウドオプティマイザー
    現状のクラウド活用における非効率性を洗い出し、コスト削減効果の高い施策を提示します。
  • クラウド効率化オフィス
    クラウドガバナンスを担当する組織の設立を支援します。
  • PwC独自のクラウド効率化スコアカードを活用し、クラウド活用のメリットを最大化するための4つの視点で追跡を行い、改善案を継続的に提案します。

{{filterContent.facetedTitle}}