Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

グローバルな半導体市場の可能性‐AIによる市場シェアの拡大‐

2020-03-24

半導体産業の需要はディスラプティブ(破壊的)な新しいテクノロジーによって喚起されてきました。

かつては、PCやインターネット、スマートフォンなどのハードウェアが半導体産業の主な成長ドライバーでした。そして今後10年間においてはAI(人工知能)が成長の触媒になると予想されています。AI関連半導体の市場は今後、年平均50%のペースで成長し、2022年には売上高300億米ドル超になるとみられています。

一方でAI半導体市場にはAIソリューションベンダーやAIスタートアップなどの新たな競合勢力も生まれており、従来型の半導体企業はその脅威に対処しなくてはなりません。

本レポートでは、従来型の半導体企業がAIの可能性を生かすために検討すべき論点とその選択肢を体系的に解説します。

これらの論点は半導体企業に限らず、AIなどのデジタル技術を新製品や新規ビジネス、自社業務改善に活用したい日本企業に対しても、今後の市場動向を見極めて戦略を立てる上で参考になると考えます。

グローバルな半導体市場の可能性‐AIによる市場シェアの拡大‐

{{filterContent.facetedTitle}}