Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連するML/TFリスクの変化と対応

ウィズコロナ/アフターコロナの世界におけるAML/CFT:リスクベースアプローチによる柔軟な対応

マネーローンダリング/テロ資金供与対策(AML/CFT)の分野では以前から、顧客や取引のリスクだけにとどまらず、地政学的なリスク、経済環境・規制環境の変化に伴うリスクなどを総合的に勘案して金融犯罪の検知や未然防止に役立ててきました。この考え方(リスクベースアプローチ)は、ウィズコロナ/アフターコロナの世界で標準となるべき行動様式(ニューノーマル)に対応するにあたっても普遍的に活用できるものと考えます。

金融機関の使命とAML/CFTのバランス

金融機関は金融機能・市場機能を安定的に運営することによって社会の信頼を維持し、経済の混乱を防ぐ使命を有しており、顧客管理を初めとするAML/CFTがこの使命を妨げることがないよう留意する必要があります。特に緊急事態下で特例対応(無担保融資や現金給付など)を行う場合には、事後的または間接的な手段も含めた合理的な顧客管理を実施したうえで、取引の透明性が担保されるような手だてを講じる必要があります。

AML/CFTのグローバルな基準を定める国際機関であるFATFは、2020年4月1日にCOVID-19に関連した不正金融対策に関する議長声明を発出し、それに続いて5月4日にはCOVID-19がAML/CFTに及ぼす影響を示したガイダンスを発行しました。

本レポートでは、これらの公表情報から把握できる重要な外部環境の変化を踏まえたマネーローンダリング/テロ資金供与(ML/TF)リスクの認識、国と事業者による対応事例などを基に、リスクベースアプローチに基づく金融犯罪対策に関する示唆を抽出し、解説を加えています。

主要メンバー

西川 嘉彦

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

竹内 秀輝

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

原田 航

ディレクター, PwCあらた有限責任監査法人

Email

{{filterContent.facetedTitle}}