グローバル営業情報の可視化

Global SFA Visualization

日本企業の海外進出や海外事業展開が進み、各営業拠点特有の商習慣や顧客の特性に合わせた柔軟な営業戦略・プロセスの立案が求められています。これに伴い、各拠点で得られる営業情報は多様化・複雑化する傾向にあります。PwCコンサルティング合同会社は、グローバル化支援実績とCRMシステム導入実績を元に、グローバル営業情報の可視化を支援します。

グローバル営業情報の可視化

事業展開先でのビジネスが活発化するにつれ、海外拠点に現地の営業情報が蓄積されていきます。グローバル企業の本社機能では多様化する営業情報の一元的な可視化・評価を行うために、各拠点と本社が有機的に連携し、情報を可視化できるモデルを構築する必要があります。

グローバル営業情報の可視化

グローバル営業情報管理の課題

グローバル営業情報の可視化を推し進めるには、本社と海外拠点との間で「情報粒度のズレ」と「管理プロセスのズレ」を埋める必要があります。

グローバル営業情報管理の課題

情報粒度の定義ポイント

「情報粒度のズレ」を防ぐため、海外拠点で蓄積される営業情報は本社での集約を意識して管理方針を定義します。

ポイント1

海外拠点における顧客情報の管理は、本社で可視化する際の集約・名寄せを念頭に管理方針やコード体系を定義

ポイント2

海外拠点における案件情報の管理は、本社で可視化する際のパイプライン管理軸の切り替えを念頭に確度やステージを定義

管理プロセスの定義アプローチ

「管理粒度のズレ」を防ぐため、本社でのグローバル営業情報可視化を念頭に置いた海外拠点における管理プロセスの定義は、下記のアプローチで実施します。

管理プロセスの定義アプローチ

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}