営業情報のセキュリティ強化

Microsoft Dynamics CRMのセキュリティ機能活用

PwCコンサルティング合同会社では、営業情報の漏えいリスクを軽減するため、PwCの持つセキュリティ対策フレームワークと営業業務改善に関する高度な知見、 「Microsoft Dynamics CRM」を熟知したシステム導入スキルを結集し、「営業情報のセキュリティ強化」ソリューションを提供しています。

セキュリティ強化が求められる背景

クラウド型CRMパッケージの普及に伴い、今日の営業情報が格納されるデータベースはクラウドサービスプロバイダーが提供するセキュリティに守られ、外部からのアクセスに対する堅牢性は飛躍的に向上しています。

一方で、作業効率を求めて営業部署内外での情報共有が進み、ワークスタイルの変革に伴って個人所有の機器の持ち込み(BYOD)が広がり、営業情報にアクセスする従業員数とアクセス手段が増えている事から、従業員自らが悪意を持って営業情報を持ち出すリスクが高まっています。

漏えいリスク回避ソリューション

営業情報の共有を完全に禁止する事やITを活用して情報持ち出しリスクを完全に防ぐことは現実的ではありません。共有すべき情報を識別し、プロセスルール化して定着化を推し進めた上で、ITを活用したセキュリティ対策を講じる必要があります。

漏えいリスク回避ソリューション

営業秘密分析のマルチレベルフレームワーク

The Center for Responsible Enterprise & Trade(CREATe.org)* とPwCは、営業秘密を識別し分類するためのフレームワークを開発しました。本フレームワークを用いて営業秘密を分析することで、共有すべき営業情報と厳格に保護すべき営業情報を識別することが可能です。

営業秘密分析のマルチレベルフレームワーク

*The Center for Responsible Enterprise And Trade(CREATe.org)は、著作権侵害行為、偽造、営業秘密の窃取、および汚職行為の防止に努める世界中の企業を支援する非政府組織(NGO)です。

営業プロセスの構築・適正化スキル

営業改革を通した営業プロセスの構築・適正化実績を生かし、セキュリティ強度と業務円滑性のバランスを図りながら、各社固有の文化に適したセキュリティ管理策を営業プロセスに組み込み定着化を支援します。

「Microsoft Dynamics CRM」のセキュリティ機能活用

「Microsoft Dynamics CRM」には、営業情報へアクセスする権限をコントロールするセキュリティ機能が備わっています。本機能を最大限に活用するシステム設計を施すことで、必要な営業情報を必要な従業員にのみ公開する制御を可能とし、作業効率の向上と悪意ある情報持ち出しリスクの低減に寄与します。

「Microsoft Dynamics CRM」のセキュリティ機能活用

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}