Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

日本企業は、どのようにサーキュラーエコノミーに対応すべきか

2020-12-18

最近、気候変動や生物多様性、レジリエンス向上などのサステナビリティ課題を解決するカギとなるものとして、サーキュラーエコノミーが注目されています。日本では、 サーキュラーエコノミーを言及する際に、プラスチックなどの廃棄物削減の観点から語られることが多いように思います。しかし、製品の製造や廃棄物の焼却に係るCO2排出の削減につながることから、気候変動対策としても重要です。さらには、廃棄物による生態系破壊を防ぎ、限られた資源を有効活用する他、紛争鉱物の使用を減らすことで人権問題対策にもなるなど、社会に幅広く価値をもたらすものです。PwCはこのたび、英国を拠点としてサーキュラーエコノミーへの移行を推進するエレン・マッカーサー財団と協働し、日本企業がどのようにサーキュラーエコノミーに対応すべきか調査および考察を実施しました。

本レポートでは、まず、サーキュラーエコノミーの概念を説明し、サーキュラーエコノミーが気候変動対策の観点から、いかに重要であるかを示します。次に、原材料を大量に使用し、生産時のCO2排出削減が重要な課題となっている、自動車、食品・飲料、消費財メーカーのサーキュラーエコノミーへの取り組みを日本企業と海外企業とで調査・比較した結果を示します。 その上で、サーキュラーエコノミーへの取り組みを高度化していくためのポイントを日本企業への示唆として提示します。

{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}