国交省河野氏が語るWP29国際法規基準への対応 ~日本の自動車メーカー・サプライヤーへの期待(中編)

特別対談シリーズ「車両サイバーセキュリティの未来」第5回

WP29国際法規における従来規制からの大きな変化と国内導入のプロセス

今、世界では自動運転車の実用化と普及に向けて、自動運転技術の国際基準・標準を策定する動きが活発になっています。自動車基準の国際的整合化に取り組む組織である「自動車基準調和世界フォーラム(WP29)」(※1)では、国際法規の検討も進んでいます。こうした動きのイニシアチブをとっているのが日本です。

国土交通省の自動車局審査・リコール課企画係長を務める河野成德氏に、2020年に日本で施行される自動運転法規について、全3回にわたって話を伺います。

前編では2020年に日本で施行される自動運転法規に焦点を当て、「WP29の技術基準策定における国際調和と日本のイニシアチブ」に焦点を当てました。今回の中編では、WP29で議論されている新たな国際法規の内容と、自動車会社の取り組みについて聞きます。

※1 WP29=自動車基準調和世界フォーラム
国連欧州経済委員会の下部に設けられた、自動車基準の国際調和に取り組む組織。安全で環境性能の高い自動車を容易に普及させる観点から、自動車の安全・環境基準を国際的に調和させることや、政府による自動車認証の国際的な相互承認を推進することを目的とする。

鼎談者

国土交通省 自動車局 審査リコール課
企画係長 河野 成德氏

PwCコンサルティング合同会社 デジタルトラスト
シニアマネージャー 奥山 謙

PwCコンサルティング合同会社
マネージャー 井上 雄介

(左から)奥山 謙、河野 成德氏、井上 雄介

主要メンバー

奥山 謙

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

※法人名、役職などは掲載当時のものです。

車両サイバーセキュリティの未来

車両のデジタル革命によって、次世代のモビリティ社会が形作られる一方で、各国の政策や規制により変化の速度が決定されている面があります。その要因の一つがサイバーセキュリティへの懸念です。
車両サイバーセキュリティに関する国際規格や製品ライフサイクルにおける重要論点の解説やクライアントとの対談を通じ、車両サイバーセキュリティの将来をひもときます。

詳細はこちら