医療・介護事業に関するリスク・ガバナンス高度化支援

医療・介護業界を取り巻くリスク環境

診療報酬・介護報酬のマイナス改定が続き、医療機関、介護事業体の経営環境は年々厳しくなり、今や地域の医療介護の需要に応じた機動的な経営戦略の良否が今後の生き残りを左右する状況となっています。

一方、医療・介護事業を提供する医療法人、社会福祉法人の経営管理の透明性を求める社会的な声は従来より強くなり、法改正に伴い、2017年度以降は会計監査人などによる監査が義務付けられるなど、事業運営にはより強力なガバナンスが求められるようになっています。このガバナンスは経営管理のみに限定されない、医療・介護事業の運営を構成する全ての業務に等しく求められるものであり、今後この要求はますます高まっていくことが想定されます。

厳しさを増す経営環境のもと、従来より強力なガバナンスを効果的かつ効率的に確立するためには、自組織が抱えるさまざまな運営上のリスクを確実に識別し、組織として現実的に運用可能な合理的な管理策(コントロール)を適切に講じていく取り組みが重要です。法令・ガイドラインの要求事項に対しても形式的な対応を図るのでなく、組織運営のガバナンスの血肉として、リスクに着目した本質的な対応を効率よく行い、限られた経営資源を適切に配分していく取り組みこそが、今後の医療・介護事業の継続的な運営にとって不可欠となります。

PwCあらた有限責任監査法人は、医療・介護に係る業界・制度上の知見とともに、リスクマネジメントの専門的なナレッジを活用し、医療・介護事業運営に係るさまざまなリスクに対して、経営者/現場目線の双方をもって合理的なソリューションを提供することで、事業運営上のリスクレジリエンス強化を実現します。

主なサービス


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

宮村 和谷

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

江原 悠介

シニアマネージャー, PwCあらた有限責任監査法人

Email