Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

サステナビリティ経営成熟度診断サービス

サステナビリティ経営状況の理解の重要性

サステナビリティ経営を推進するためには、「環境・社会」と「経済」の関係と構造について、また「環境・社会」の問題が自社の市場や供給能力にどのような影響を与え、企業に対する社会からの要請を変化させるのかについて、深く理解する必要があります。
サステナビリティ活動がどのようなメカニズムで長期的な企業価値向上につながっていくのかを整理し、理解しなければ、サステナビリティ活動の効果を特定し、そのための適切な資源配分を行うことは難しいでしょう。多くの企業経営者は、この点に課題を抱えています。
サステナビリティ経営は従来型の企業経営と異なり、「時間軸の不確実さ」「影響経路の特殊さ」「影響範囲の広さ」を考慮しなければなりません。そのため、これらの点を踏まえながら、統合思考に基づいてサステナビリティ経営を適切に評価するフレームワークが必要です。

PwCのサービス 

私たちは、サステナビリティ経営の成熟度を、企業の開示情報に基づいて診断する評価フレームワークを開発しました。このフレームワークでは、統合思考に基づく「外部環境」「戦略」「ビジネスモデル」「オペレーション管理」「成果評価」「ガバナンス」の構成要素に加え、あらゆる業界にとって重要な、サステナビリティ経営特有の質問を設けることで、企業のサステナビリティ経営の取り組み状況を評価することができます。Lights診断を実施することで、自社の課題と改善すべきポイントを簡易的に可視化することが可能となります。

PwCでは、このフレームワークによって企業の取り組みを理解し、課題を明確にした後、具体的な課題解決施策とアプローチを提案することで、クライアントの企業価値の向上を支援します。


{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

坂野 俊哉

シニア・エグゼクティブ・アドバイザー, PwC Japan合同会社

Email

磯貝 友紀

パートナー, PwCサステナビリティ合同会社

Email

田原 英俊

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

安間 匡明

執行役員常務, PwCサステナビリティ合同会社

Email

水上 武彦

シニアマネージャー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

安田 裕規

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email