M&A法務

PwC弁護士法人は、企業成長の有力な手段として活用されているM&Aについて、事案に応じた法的ストラクチャーの提案をするとともに、デュー・デリジェンス及び買収契約の作成・交渉・クロージングにおいて法務リスクの発見・検討と実務傾向を踏まえた適切な法的アドバイスを提供いたします。

今や、あらゆる事業分野・地域において企業成長の有力な手段として企業買収が活用されています。その一方で、優れた買収対象を巡る競争はますます激化しており、買収を成功裏に完遂するためには、買収対象の抱えるリスクを的確に把握すると共に、実務傾向を踏まえた適切な法的プロテクションを採用することが不可欠となります。PwC弁護士法人では、国内外ともに豊富なM&A実務経験を有する弁護士が、法的ストラクチャーの立案、法務デュー・デリジェンスの実施、買収契約の作成・交渉・クロージング・PMIといったM&Aの全プロセスを通じて、事案ごとの特性を踏まえた法務リスクの発見・検討と、買収実行に向けた適切な法的プロテクション及び実務的な着地点を踏まえた交渉戦略を提供いたします。

国際的なM&Aの場面においては、PwCのグローバルネットワークを活用し、企業の世界各国に向けた事業拡大・多国間の戦略的事業提携などについてシームレスにサポートいたします。

また、国内・海外を問わず、グループ再編においては、適切な法的再編案を提案すると共に、国内についてはPwC弁護士法人が合併・会社分割・株式交換・株式移転等の組織再編の諸手続きについて、また海外については世界的なネットワークを有するPwCの各法律事務所が各国の法制度を踏まえて、再編実行のための法的手続きをサポートします。

Contact us

Follow us