間接部門の人員・機能の最適化

既に多くの実績を上げているFit for Growth(FFG、『成長への企業変革』)をデジタライズすることによって進化させ、特に日本企業において喫緊の課題となっている間接部門/ホワイトカラーの生産性を、従来の手法よりもさらに10~15%向上させる支援をします。

間接部門の人員・機能の最適化においては、戦略的視点からケイパビリティ(組織能力)に着目し、成長への原資を強化しつつ、大胆な構造改革を行うことが肝要

  • 全社間接機能のケイパビリティを3つに分類
  • その上で、『差別化するケイパビリティ』への投資原資を捻出するため、それ以外のコストをデジタルのアプローチを用いた抜本的な生産性改善により、大きく削減

従来のコスト構造改革のアプローチに加え、デジタルを活用した施策により間接部門の機能を一段と強化

デジタル診断ツールを用いることにより、課題抽出から診断、施策立案、実行まで一連の取り組みの中で、特に診断フェーズにおいて効率的にコスト削減機会を特定することが可能


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

山田 貴之

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email