Value Creation ディールの先の価値創造を見据えて

プライベート・エクイティ編

価値を創造したディールのうち収益拡大を達成したものはほぼ4分の3(74%)に達するにもかかわらず、収益拡大は、コスト削減や運転資本効率化の取り組みといった手段と比べて優先度が低い。

「大手PEファームは、自身の手がけるあらゆるディールで達成される価値創造を、その手段を含めて監視・記録する価値創造モデルを有している。それは、間違いなくPE文化の中核である」

ウィル・ジャクソン・ムーア(Will Jackson-Moore)PwC英国 グローバルプライベートエクイティ・不動産・ソブリンファンドリーダー

PwCでは、クライアント企業におけるディールを通じた長期的な価値創造の実現を支援することを目的として、PE経営幹部100名を対象にインタビューを実施し、幅広い業界・地域におけるM&Aを通じた価値創造の実体験調査を行いました。

「Value Creationディールの先の価値創造を見据えて:プライベート・エクイティ編」では、上記の調査からの洞察と、ファイナンシャルインベスターがディール市場で成功するために、どのようなアプローチで投資先の価値創造に取り組むべきかを提示します。

主要メンバー

吉田 あかね

代表執行役, PwCアドバイザリー合同会社

Email

関根 俊

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}