Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

会計方針・見積り・遡及処理の会計実務Q&A

2021-01-18

企業会計基準委員会は、2020年3月に改正企業会計基準第24号「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(会計方針開示基準)および企業会計基準第31号「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(見積開示基準)を公表しました。これらの会計基準は、2021年3月31日以後終了する連結会計年度および事業年度から適用されます。

本書では、会計方針開示基準および見積開示基準の公表に至る経緯と目的、IFRSとの相違点に加え、新たに公表された基準を踏まえた会計方針、会計上の見積りの開示などについてQ&A形式により解説しています。また、遡及処理に対する基本的な考え方や実務上生ずるさまざまな問題について、『過年度遡及の会計実務Q&A』(中央経済社、2011年)に引き続いて解説しています。

中央経済社 2021年1月発行

3,400円(税抜き)328ページ/A5判

{{filterContent.facetedTitle}}