Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

通信業界向け5G活用支援

5Gを新たな収益源に変える

5Gが、飛躍の時を迎えようとしている

今後数年にわたり、5Gは移動通信技術のスタンダードとして、接続性、速度、発展性の観点から新たな時代の扉を開くことでしょう。具体的には、現在の100倍の通信速度と1000倍のデータ容量により、私たちのビジネスや生活を大きく変えることが期待されています。

企業や消費者は5Gによって、大容量、超信頼性、低遅延、エネルギー使用量の削減、多数・同時接続といったメリットを享受できるようになるでしょう。5Gは、ビジネスや人を、これまでにないスケールで接続します。通信事業者は現在、こうした5Gのメリットを活用する新たなビジネスモデルの構築を進めています。

5Gが通信事業者のビジネスモデルを書き換える

5Gを利用することで、通信事業者は従来のエンドユーザー向けのビジネスモデルのみならず、5Gを使用するサービス・プロバイダーにもサービスを提供することで、新たな収益源を生み出すことができます。

ビジネスパートナーを介したサービス提供モデルであるB2B2X(Business-to-Business-to-X)により、通信事業者はネットワークを収益化し、幅広いユースケースに合わせた配信を提供することができるようになります。あらゆる業界の企業にサービスを提供することで、通信事業者は将来的な収益のポテンシャルを高めることができるでしょう。

Evolving telco business models

5G通信市場をどう拡大させるか

通信事業者は今後数年間で、ネットワークの高密度化、スペクトルの共有、ネットワーク機器やアクティブアンテナのアップグレードのために、世界中で最大570億米ドルという莫大な投資を見込んでいるとも言われます。通信事業者が5Gへの多額の投資に対して適正なリターンを得るためには、単に高速データ通信を消費者に提供して課金するだけではなく、収益機会を総合的・多面的に考える必要があるでしょう。

5G市場拡大のためには、3つの重要な領域に焦点を当てる必要があります。

カバー率の最大化

5Gのサービス提供にあたっては、まず、既存の4Gコア・モバイル・ネットワークと互換性のある5Gサービスから提供を開始するべきでしょう。カバー率を高めて5Gサービスの需要が高まるに連れ、通信事業者はネットワークを更新し、より高度なサービスを提供することができるようになります。

高速通信が利用できる地域の拡大

通信事業者は、固定無線アクセスを介して、地方や人口密度の高い都市部を高速ブロードバンドに接続することができます。固定回線を敷設する費用をかけずに、光ファイバー・ネットワークの高速通信を実現できます。

サービスと収益の流れを再創造する

通信事業者は、B2B2Xの 機会を通じて新たな収益源を獲得できます。5Gのインフラ、クラウドベースのサービス、そして高速通信は、規模や業界を問わず、企業にとって魅力的なものでしょう。通信事業者は、企業が持つIoT(Internet of Things)、ブロックチェーン、バーチャルリアリティ(VR)、3D印刷などの新たなテクノロジー同士を結び付けることで、顧客により付加価値のあるサービスを提供することができるようになります。5Gのより強固で高速な接続性が、より大きな競争優位性の構築を可能にすると考えられます。 

5G戦略の策定

PwCは、企業が真に5Gを理解するお手伝いをします。5G が事業全体にどのような影響を与えるかを調査・分析し、全社的な戦略、オペレーション、人材、市場と整合性のとれたデジタル戦略の立案を支援します。

5G活用構想の影響をモデル化し、テストすることで、5Gを活用した企業の将来像に関わる十分な情報に基づいた意思決定が可能になります。具体的には以下の支援を行います。

1. 成長戦略の定義

5Gに関する市場、製品やサービス設計、パートナーシップ、取引について調査・分析し、それらが企業にどのような可能性をもたらすかを評価します。5Gにまつわる顧客、チャネル、および価格設定を総合的に考慮し、企業にとって収益性の高い組み合わせの発見を支援します。

2. オペレーティングモデルの最適化

適切なオペレーティングモデルとインフラ計画を迅速に立案・展開し、5Gへの移行を支援します。5Gによるイノベーションと成果を具現化するフロントおよびバックオフィスのインフラ設計も行います。

3. リスクへの対応

クライアントがより確信を持って5Gを推進できるよう、スペクトル共有の実現性、スモールセルの展開、貿易障壁、データのプライバシー保護、セキュリティなど、規制上の不確かな点を読み解き、対応するための支援を行います。

4. デジタル人材の育成

人材のスキルギャップを特定し、埋めるための支援を行うことで、グローバル市場に向けた5Gプロダクトの開発と販売に向けたプロジェクトチームの整備を支援します。

通信事業者は、新しいビジネスモデルを採用することで、5Gを新たな収益源とすることができます。通信事業者は5Gイネーブラーとなることで、他業種とも提携しながら、5G対応プロダクトやサービスを共同で提供することができるでしょう。

ウィルソン・チョウパートナー、PwC中国

5Gの最新レポートおよびトレンド 

通信業界における5G戦略の検討にあたって、PwCが長年にわたってグローバルで培ってきた経験に基づくインサイトをぜひお役立てください。

主要メンバー

藤島 太郎

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

坂口 博哉

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email