資産運用業務に関する内部統制構築支援・内部監査関連サービス

資産運用会社に対する内部管理態勢高度化への期待

多様な資産運用の手段を提供する資産運用業界に対する期待は今まで以上に高まっており、国内外の規制が強化される傾向にあります。また、相次ぐ不祥事により資産運用会社に対する世間の目線も高まってきています。

金融行政方針において、真に顧客のためになる質の高い金融商品・サービスを提供することの重要性が強調され、フィデュシャリーデューティーがキーワードとなり、各社対策を講じている状況にあります。また、経営環境の劇的な変化に伴いフィンテックやサイバーセキュリティなど情報システムの分野についても対応が急務となっています。海外の規制については、域外適用や資産運用会社の顧客の投資行動に影響を与えるものも多く、専門性を有する人材の確保が求められています。

従前のコンプライアンス遵守に加え、資産運用会社はかつてないスピードで複雑性を伴い変化する経営環境に直面しており、内部管理態勢の高度化が期待されています。

内部管理態勢の高度化に向けた一般的な流れ

内部管理態勢の高度化は、一般的に次の3ステップで行います。PwCあらた有限責任監査法人では、ステップごとに以下のような事項について貴社をサポートします。

ステップごとにシステムの専門家、公認内部監査人や当局出身者などの専門家を配置し、内部管理態勢の高度化における多様なニーズに応えています。

内部統制の成熟度などに応じたサービスの提供

さまざまな規模・業態の会社へのサービス提供実績を有しており、資産運用業界におけるベストプラクティスの観点から、会社の規模や業務の種類、内部統制の成熟度などに応じたサービスを提供します。

PwCあらた有限責任監査法人の強み

資産運用業の専門チーム

PwCあらた有限責任監査法人は、幅広い顧客基盤や資産運用業に対するさまざまな取り組みから、業界や法規制の最新動向を把握し、資産運用業界におけるベストプラクティスを積み上げ、専門性の高いサービスを提供しています。

最新の規制および当局の動向に関するナレッジの活用

PwCあらた有限責任監査法人は、金融機関の規制対応や当局モニタリング対応支援を強化するため、金融戦略推進部を設置し、金融庁および日銀出身者などが国際的な規制動向を含む金融制度の調査・分析を行っています。

内部監査サービスの分野のグローバルリーダー

PwCあらた有限責任監査法人は、長年にわたる内部監査のグローバル調査研究や大手金融機関へのサービス提供を通じ、内部監査の高度化への示唆を提供しています。内部監査の高度化を通じて、内部管理態勢の強化につなげるサービスを提供しています。

ファンドニュース

資産運用に関する最新トピックを、PwCあらた有限責任監査法人のプロフェッショナルが分かりやすく解説します。以下には内部管理態勢高度化・内部監査に特に関連する項目を掲載しています。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

辻田 大

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

榊原 康太

ディレクター, PwCあらた有限責任監査法人

Email