国際金融規制対応支援

複雑さを増す国際金融規制への対応は、単にコンプライアンスの問題ではなく、重要な経営課題です。

G20首脳会合が金融危機の再発防止に向けて推進する国際的な金融規制改革の流れを受け、G20諸国をはじめとする世界各国で新たな金融規制が次々に導入されています。加えて、欧米を中心に各国・地域独自の金融規制の導入・改正も進められています。

これらの金融規制は自国の金融機関のみならず、自国でのビジネス展開や自国企業との取引を行う海外の金融機関にも適用(域外適用)される傾向にあるため、グローバルに展開する金融機関は、自国規制のみならず、海外拠点や取引相手の所在国・地域などの規制の影響を受ける可能性があります。また、一つの取引に複数国・地域の規制が適用される場合もあるため、複雑な対応が求められます。

金融規制の影響は、今後のビジネス展開を検討する上でも重要な要素となり得ます。金融規制への対応はもはやコンプライアンスの問題ではなく、経営問題に直結する時代といえます。

PwCは金融機関の重要な経営課題である金融規制への対応を、総合的に支援します。

PwCのサービス

情報提供・顧問サービス

海外拠点を有する金融機関や海外金融機関・顧客などと取引を行う金融機関は、さまざまな国際金融規制の影響を受ける可能性があるため、多岐にわたる国際金融規制の動向をフォローし、自社に影響を与え得る規制を洗い出すことが必要となります。

PwCは、欧米をはじめとするG20諸国などの国際金融規制の動向に関する情報提供、定期的な勉強会の開催、個別相談・照会事項への対応などにより、国際金融規制対応の「入り口」を幅広く支援します。

影響分析支援

自社に影響を与え得る国際金融規制を洗い出したら、次に当該規制の影響を把握する必要があります。PwCは、各社のビジネスも踏まえた上で、さまざまな金融規制が各社に与える影響の分析を支援します。PwCグローバルネットワークの知見も生かして、例えば以下の金融規制などに関する影響分析サービスを提供します。

規制対応プロジェクト支援

自社に重大な影響を与える国際金融規制については、プロジェクトを立ち上げた上での大規模な対応が必要となる場合があります。PwCはこれまで日本の金融機関に対して、米国のドッド・フランク法タイトルVII(スワップディーラー規制)やボルカールール、欧州の市場インフラ規制(EMIR)や金融商品市場規制・指令(MiFIR/MiFID II)、各国証拠金規制などのさまざまな国際金融規制対応プロジェクトを支援してきました。これらのプロジェクト経験も生かし、国際金融規制対応プロジェクトを全面的に支援します。以下、いくつかのプロジェクト概要を紹介します。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

石井 秀樹

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email