ITソリューションコンサルタント職

ITソリューションコンサルタントについて

ITソリューションコンサルタント(ITSC)は、大規模かつグローバルな企業変革を望むクライアントを、ビジネスとITの双方に対する深い理解をもって、変革の構想策定から効果創出まで一貫して支援します。
高い専門性が求められる職種ですが、入社後に国内外での研修を通じ、ITソリューション領域におけるビジネスの知識を基礎から身につけることが可能です。

そんなITSC職を採用する際に私たちが大切にしているテーマは、「相互理解」と「学び」です。

ただ選考を受けていただくだけでなく、コンサルティング業界やITSCの仕事、そして皆さん自身の自己理解が深まるようなコンテンツを通して、ひとりひとりに向き合います。

ITで社会をより良く変えていきたい―そんな思いを持った未来のコンサルタントのご応募を、心からお待ちしています。
ITSC 本選考(第1ターム)開催概要はこちら

Playback of this video is not currently available

2:25

ITSCが描く、これからのコンサル

ITSCのキャリア

PwC JapanグループのITSCは、システム導入やシステム開発そのものを目的とするのではなく、クライアントの変革を目的として最善のソリューションを提案します。

しかし、システムの理解が浅いままクライアントに提案をしてしまうようでは、戦略だけが独り歩きし、求める結果が伴わないという事態を引き起こしかねません。そのため、入社後はITという武器を確実に身につけるために、国内外のPwCネットワークと連携して一から研修を行います。

将来的にはその武器を生かし、さまざまな業務テーマや、その他のテクノロジー領域にキャリアを広げることも可能です。また、この領域のプロフェッショナルとして専門性をさらに深めることもできます。これまでも、多くの社員が多様なキャリアを自ら選択しています。

キャリア開発・教育プログラム

コンサルティング全体研修

第一線で活躍している現役コンサルタントの講義を通じ、コンサルタントとしての基本スキルを習得します。また、PwCのソリューションやマーケット全体に対する考え方についての理解も深めます。

■ロジカルシンキング ■業務フロー作成
■プレゼンテーション ■財務分析
■コンサルティング実務シミュレーション  など

ITSCにおけるサービスライン別研修

コンサルティング全体研修の後は、ITSC内で配属されたサービスラインごとに専門的な研修が行われます。主な学習内容と研修の特徴を紹介します。

※ITSCでは、扱う業務アプリケーションごとにサービスラインと呼ばれる複数のチームが存在します。入社後は、各サービスラインに所属し、専門的な知識を身につけながらプロジェクトでの実務経験を積むことになります

ITSCにおけるDX研修

DX(デジタルトランスフォーメーション)研修は、システム導入にとどまらずクライアントのDXを総合的に支援するITSCとして、DX領域の中でも特に需要が高まっているトピックについて理解を深めることを目的に設計された特別なプログラムです。

この研修では、データの統計的な分析手法や機械学習を用いた分析手法を、必要となるツールやプログラミング言語とともに習得します。さらに、その応用としてビジネスにおける実データを用いた分析ワークを行うことで、実践的なスキルを身につけることができます。

また、リサーチと発表を通して最新のテクノロジートレンドのキャッチアップも行い、DXに関して最新の知見を備えたコンサルタントを目指します。

DX研修で扱う主なトピック

  • 統計解析手法
  • プログラミング
  • 機械学習
  • 自然言語解析
  • ケーススタディ

プロジェクトアサイン

入社後、約半年の研修期間を経てクライアントのプロジェクトに参加します。

プロジェクトにアサインされてからが大きく成長する機会となります。アサインされるまでが研修ではなく、ここから約2年間の継続研修を行います。

また、プロジェクトベースでスキルが固定されてしまわないよう、体系的に学べる機会が得られます。

ビジネスの側面からもテクノロジーの側面からも課題変革を実現できる、独自の軸を持ったコンサルタントとして成長することができます。

学習内容


Business × IT System

クライアントの業務改革に向けた提案が机上の空論にならないよう、本質的かつ具体的な提言をするために必要なビジネスサイドの業務知識とシステムのロジックを学びます。研修を通して、システムを用いた業務改革についての専門性を身につけることができます。

実施例

  • 会計・ロジスティクス領域における業務管理の一元化
  • 顧客管理・営業支援ツールを用いた業務改革
  • 人事領域に特化したシステムによる人事制度改革
Programming

システムの仕組みや挙動を根本から理解した上でクライアントに提案できるよう、システムを動かす基本的なアルゴリズムやプログラミング言語を習得します。この研修で身につけたプログラミングの思考方法は、実際のプロジェクトにおける論理的な状況判断や実効性のある施策の提案にも役立ちます。

実施例

  • 基礎から着実にステップアップできる基本的な文法講義
  • 個々の基礎知識の組み合わせが必要となる発展的な課題演習

特徴


Active Learning

講師からの一方向の講義だけでなく、講師との対話型の研修によって、個人の弱点を解消しながら主体的に学ぶことができます。また、実際のクライアントを想定したケーススタディを行うことで、研修時から現場のプロジェクト業務に近い経験を積むことができます。

実施例

  • クライアントを想定した模擬提案研修
  • 実機を用いた実践的なシステム導入演習
  • ディスカッションを通じた業務理解研修
Global

PwCのグローバルネットワークを生かし、入社1年目から海外拠点と連携した研修を受けます。将来的には、この経験をきっかけとしてグローバルプロジェクトに参画するなど、活躍の場を世界に広げることも可能です。

実施例

  • PwCインドの講師陣による会計・ロジスティクス領域の業務管理システム研修
  • PwC中国の講師陣による人事管理システム研修

<アサインされるプロジェクトの例>

■Operations(生産管理) × ITSC 

工場マネジメントの高度化体験プラットフォーム:FDX (Factory Digital Transformation)

■HR(人事・組織) × ITSC

勘と経験のみの人材マネジメントからの脱却:
People Analytics

■Finance(会計)× ITSC

企業価値の最大化への挑戦:
グループ・マネジメント・システム

■Customer(営業・マーケティング) × ITSC

営業マンのいない購入体験の実現:
Virtual Sales Agent

顧客エンゲージメントの最適化:
企業収益に貢献するカスタマーサービスのつくり方