グループマネジメントシステム導入

豊富なグループマネジメントシステム導入実績とグローバルで確立した方法論を通じた、グループマネジメントシステムの導入により、経営基盤強化、組織力強化、業務改革を実現します。

財務経理業務の効率化や経営管理の高度化などの目的を持って、グループマネジメントシステム導入プロジェクトをスタートさせたはずが、目的を達成できずに下記のような問題を抱えている企業が多く見られます。

  • 経営管理上、有益な情報が提供されない
  • 業務プロセスの標準化と効率化が進んでいない
  • システム開発投資や運用保守費用が増大
  • 組織変更に柔軟に対応できない

これらの問題が発生する最大の原因は、構想を策定する段階で十分な検討が行われていないことにあります。

構想策定フェーズでは、戦略/人・組織/業務プロセス/情報システムの観点からあるべき姿を検討するとともに、期待効果と優先順位を設定し、実現性の高い導入計画を立案するが重要となります。

PwCは、構想策定フェーズで策定した計画の実現に向け、グローバルで確立された方法論や業務改革プロジェクトで培った豊富なノウハウの活用し、設計・開発・導入・定着化までを一貫して支援します。

財務経理業務改革の構想策定

グループ共通会計システム(ERP)

企業のグローバル化、会計基準変更への対応、会計システムの老朽化などを契機にしたグループ共通会計システムの再構築は、経営・業務改革とグループ経営管理の高度化を実現する絶好のチャンスとなります。

PwCは、システム導入の専門家に加え、各種会計基準変更や経営管理高度化などの会計業務の専門家、クライアントの業界知見を持った専門家など、幅広い知見・経験を持った専門家を参画させるとともに、グローバルの方法論(Transform)により、プロジェクト全体を統合管理し、構想策定から設計・開発、導入、定着化まで、一貫した支援を行うことで、プロジェクトを成功に導きます。

また、在外子会社への導入・定着化に際しては、PwCあらた有限責任監査法人、PwCグローバルネットワークを活用し、各国制度・事情に精通した専門家と連携したプロジェクト推進が可能です。

グループ業績管理システム(EPM)

海外市場の拡大、クライアントニーズ多様化など企業を取り巻く経営環境の大きな変化に伴い、従来の会計数値に留まらず、以下に挙げるようなオペレーション数値を活用した、経営判断のさらなる迅速化が求められています。

  • 品目×市場別の需要予測
  • 品目×拠点別の生産・販売・在庫計画ならびに実績
  • シナリオ別の業績予測

一方で、多くの企業は月次・連結勘定科目レベルでの経営管理にとどまり、PSI(製販在計画)と会計上の予算との整合、ビッグデータやアナリティクスなど、先進技術を活用したビジネスシナリオの将来予測に取り組むグローバル先進企業との間には大きな差が存在します。

PwCは、グループ全体での経営判断の迅速化実現に向け、システム導入にとどまらず、グローバルに共通した方法論や先進事例を活用し、構想策定から導入・定着化まで一貫して支援します。

Anaplanによる実現サービス詳細はこちら

連結決算システム

日本企業の連結決算業務の効率性は、以下の事由から他国のグローバル企業に比べて大きく劣っており、連結作業の効率化、連結システムのグループ内共有化を通じ、さらなる業務コストとITコストの削減が可能と考えます。

  • 不要な連結仕訳の起票
  • 連結基礎情報レベルの低さ
  • グループ内会計処理方法とマスターの不統一
  • 最新のITインフラの不活用

PwCは、連結マテリアリティに基づく連結処理と仕訳の効率化、子会社経理能力向上のための施策検討と実行、シェアードサービスなどの活用による決算情報品質維持・向上、業務プロセスの見直し・再構築、連結決算システムの導入を支援します。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

藤井 一人

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

山本 仁一

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

廣田 政孝

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email