Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

税務分野におけるAIの活用

デジタルトランスフォーメーションが進む経営環境下における税務課題

税務分野では、インターネットビジネスの浸透に伴うグローバルレベルでの課税体制の整備や、税務当局による税務データのデジタル化要請への対応など、企業はさまざまな課題に直面しています。

税務分野における企業の課題

  • グローバルレベルの税制改正への対応
  • 海外進出に伴う管理スコープの拡大、タックスマネジメント・リスクマネジメントの重要性の増大
  • ボーダーレスな電子商取引の拡大
  • 税務情報の開示強化の要請
  • レピュテーションリスクへの対応
  • リアルタイムに入手可能なデータの増大、多種類化
  • コンプライアンスコストの削減
  • デジタルスキルを有する人材の育成

AIの導入により、人の手を介さずに、より詳細で正確なデータ入手・分析が可能になります。これまでは時間がかかったり、そもそも不可能であったりした困難なタスクについても、AIを活用すれば自動で回答や分析ができるようになります。一般的に、AIが実行するタスクは人間より速く正確であるため、このようなAIの能力は、タックスプランニング・申告書作成・当局との係争といった一連の税務業務でも発揮されます。

PwC税理士法人では、デジタルトランスフォーメーションを実現するソリューションのひとつとして、税務分野向けにAIを活用したツールを開発し、実用化しています。

サービスの特長

AIツールを活用したソリューション提供

AIツールを活用し、税務会計エリアにおいて迅速かつ効果的に最適解を得られる支援サービスを提供いたします。

AIツールの提供

PwCで開発しているAIツールをクライアントにも提供し、活用いただくことが可能です。

AIツールの開発コンサルティングサービス

クライアントの業務プロセスを把握し、それをさらに効果的・効率的にするためのAI活用を提案します。

税務におけるAI活用のメリット

PwCは、日本およびグローバルレベルのさまざまなAI活用のアイデアに基づいて、ツールを開発・実用化しています。

(1)通知情報の自動対応

国・都道府県・市区町村からのさまざまな通知を、AIを組み込んだOCRで処理し、重要性の高いワードを特定・抽出します。これをもとに、必要な対応の準備やトラッキングの自動化を実現することを目指します。

(2)税務調整額の自動計算データから試算表の科目名や取引科目名を予測するAIを活用し、データに税務情報をマッピングすることにより、複数の会計科目から横断的に集計する必要のある税務調整額の計算を自動化します。これを発展させることにより、税務コンプライアンス業務の自動化が可能になります。

(3)質問対応チャットボットの機能にAIを組み込むことにより、各事業部から税務部門に寄せられる広範な質問を整理し、回答する機能を開発しています。

AI導入によるデータ活用可能性

税務業務変革テクノロジーに関するPwCの主なサービス

{{filterContent.facetedTitle}}

税務業務変革テクノロジーの最新情報

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

税務に関する用語をまとめ、50音順で紹介しています。

税務に関する用語集