税務デューデリジェンス(国内・海外)

税務デューデリジェンスにおける課題

M&Aでは、税務デューデリジェンスを通じて、対象会社の税務リスクや税務ポジションを的確に把握し、それらを買収価格や買収ストラクチャー、買収シナジー実現のための経営統合などに適切に反映することが大きな課題のひとつとなります。

以下のような観点から、対象会社の税務リスクや税務ポジションを把握することが重要です。

  1.  税務リスクの程度や影響額を把握し、買収価格や表明保証・補償条項などの買収条件に適切に反映する
  2.  繰越欠損金や実効税率などの税務ポジションを把握し、将来キャッシュフローに反映させ、企業価値を算定する
  3. 主要資産の含み損益や繰越欠損金の状況などを踏まえ、買収ストラクチャーや買収シナジー実現のための経営統合ストラクチャーを策定する

PwC税理士法人では、対象会社の国籍、事業規模、海外展開比率、事業領域、上場区分などの属性に応じて、対象領域に深い知見を有するM&A税務専門家や海外税務専門家、投資対象国のPwCメンバーファームの税務専門家が一体となったチームをプロジェクトごとに組成し、フィナンシャルアドバイザーや法務・会計専門家などと共働してM&Aの実行をトータルに支援します。

 

サービスの特長

豊富,経験に基づく深い知見, 税務リスク

豊富な経験に基づく深い知見

過去の豊富な経験から得られた深い知見を活用し、対象会社の属性に応じて想定される税務リスクや把握すべき税務ポジションなどを考慮しながら支援します。

リスク対応策, アドバイス

リスク対応策のアドバイス

買収契約書類や買収ストラクチャーへの反映、表明保証保険の引受手続きのアドバイスなど、検出された税務リスクへの対応もワンストップで行います。

海外税務リスク, PwCグローバルネットワーク

海外税務リスクへの対応

PwCグローバルネットワークを最大限活用し、投資対象国のメンバーファームと有機的に連携して、税務デューデリジェンスを実施します。

カントリーデスクによる支援, 米国, 英国, オランダや, インド

カントリーデスクによる支援

米国、英国、オランダやインドなど、各国から招聘した税務プロフェッショナルと現地駐在経験のある担当者が、現地税制についての豊富な知見を生かしアドバイスを提供します。

M&A税務に関するPwCの主なサービス

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

M&A税務の最新情報

{{filterContent.facetedTitle}}

メディア掲載

PwC税理士法人のパートナー、ディレクター、リーダー他が執筆した記事をご紹介いたします。

税務に関するメディア掲載

寄稿記事

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

税務に関する用語をまとめ、50音順で紹介しています。

税務に関する用語集