Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

税務リスクマネジメントおよび税務争訟対応

複雑な税務事案および税務調査対応

企業による経済活動の複雑化、国際化が進むにつれ、BEPS(Base Erosion and Profit Shifting、税源浸食と利益移転)への対応のため、近年多くの税法が改正されています。また会社法の整備に伴い、企業が取り得る組織再編の手法も多様化し、これに対応して税制面での整備が進められてきています。しかし、企業活動が多様化する中、必ずしも税法が全ての取引の取り扱いに対応しているわけではなく、取り扱いが明確ではない例が生じています。

加えて、税務当局は国際的租税回避に対して厳しい姿勢をとっていることから、調査において国際取引は特に厳しく検討されるところです。しかしながら、企業としては、資本効率の観点からも過度に保守的な税務処理を行うと、株主などに対して正当化することが難しくなります。そのため、企業は税法に照らして適正な税務処理を行うとともに、調査においては自らの税務処理が適正であることを説明し、理解を得る必要があります。仮に企業として受け入れられない課税処分を受けた場合には、不服申立てにより、課税処分の取消しを求めることになります。

PwC Japanグループは、法令解釈、税務意見書の作成、国税当局への事前相談、また、税務調査対応や課税処分を受けた場合の不服申立手続(再調査請求、審査請求など)といった税務訴訟において、弁護士、税務当局経験者と一体となって企業をサポートします。

サービスの特長

多様な税務当局経験者

税務当局における立法担当、執行担当(企画立案・調査担当)、審査請求担当の経験者が在籍しており、取引開始前から課税処分後まで、局面に応じた支援が可能です。

税務紛争回避のための事前対応

国税当局への事前相談、調査に備えた文書化など、事案の性格に応じて適当な手段を選定し、支援します。

弁護士法人との連携

法律関係の整理や検討が必要な事案や税務訴訟については、PwC弁護士法人と連携して対応します。

PwCグローバルネットワークとの連携

海外における税務調査や税務訴訟については、PwCのグローバルネットワークを活用して対応します。

税務調査の各フェーズにおける支援内容

税務調査開始前

税務担当者であれば税務リスクがあると判断できる事案であっても、事案の担当者は必ずしも税務知識を十分に持っているわけではないため、税務リスクを把握しないまま事案が実行されている場合もあります。個別の事案を実行に移した後では、その事案の潜在的な税務リスクを解消することはできません。しかし、申告前、税務調査開始前に税務処理の誤りに気付くことができれば、後の税務調査において税務当局より指摘を受けることによる、加算税の負担やレピュテーションリスクを低減することができます。税務争訟支援チームでは、税務調査が行われる前に模擬的な税務調査を行うことにより、現状においてどのような税務リスクを抱えているかを把握し、同様の税務リスクを生じさせないようにする方策を整えるなど、税務リスクへの適切な対応を取るための支援を行います。

  • 立法趣旨まで踏まえた法令解釈の検討
  • 意見書の作成
  • 当局の見解の確認
  • 事前相談、事前照会
  • 取引実行にあたっての取引内容、契約書等の関連文書の整備等に関するアドバイス
  • 模擬税務調査税務調査
    (当局に対する説明、提出資料の準備、立会、企業側の見解書作成)

税務調査開始後

税務調査においては、納税者の考えが税務調査担当職員にうまく伝わらないために、本来なら問題のない事項について税務処理に誤りがあるのではないかとの指摘を受けることもあります。税務争訟支援チームでは、税務調査担当職員の指摘内容を法令などに即して整理し、税務調査への立会や税務意見書の作成などにより、納税者のサポートを行います。事案の内容によっては、ご要望に基づき、税務訴訟も視野に入れ、PwC弁護士法人とも連携を図りながら対応を進めます。

  • 立法趣旨まで踏まえた法令解釈の検討
  • 意見書の作成
  • 当局の見解の確認
  • 当局に対する説明、提出資料の準備、立会、企業側の見解書作成

税務調査終了後

国税庁が公表している再調査の請求の概要、審査請求の概要および訴訟の概要によると、各段階において、およそ10%程度の割合で処分の一部または全部が取り消されています。このことからすると、国税当局の行った処分には課税されるべきでなかった事案も含まれていることになります。税務争訟支援チームでは、納税者が納得できない更正処分などについて、再調査の請求および審査請求をする際に、法令や過去の裁判例、裁決例に照らして、納税者側の主張の組み立てや、国税当局側の主張への適切な反論の作成を支援します。

  • 立法趣旨まで踏まえた法令解釈の検討
  • 意見書の作成
  • 課税された場合の不服申し立て、税務訴訟

企業税務に関するPwCの主なサービス

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

企業税務の最新情報

{{filterContent.facetedTitle}}

PwC税理士法人パートナー, ディレクター, リーダー, 執筆,記事, 紹介

メディア掲載

PwC税理士法人のパートナー、ディレクター、リーダー他が執筆した記事をご紹介いたします。

税務に関するメディア掲載

寄稿記事

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

税務に関する用語をまとめ、50音順で紹介しています。

税務に関する用語集

主要メンバー

佐々木 浩

パートナー, PwC税理士法人

Email