プロセスマイニングによる業務効率の向上

豊富な業務改革(BPR:Business Process Re-engineering)支援を通じて確立された方法論をベースに、デジタルツールとしてプロセスマイニングを活用することで、業務の可視化と施策の高度化・効率化の両面で真のデジタルトランスフォーメーション実現を支援します。

データとテクノロジーを活用し、企業のオペレーショナルエクセレンスを実現

  • 従来のBPRでは、業務の可視化(特に業務量の把握や例外処理の棚卸)において人力に頼ることが多かったところ、デジタルを活用したプロセスマイニングのアプローチを用いて、圧倒的なスピードと正確性で可視化が可能
  • 施策においても、RPAだけでなく、AI、OCR、BPM、さらにはデジタルコミュニケーションツールやナレッジマネジメントツールなどを組み合わせることで、従来型のERPだけでは解決が難しかった領域においても、高度化・効率化の施策創出が可能

プロセスマイニングのアプローチを用いて従来型の基幹システムなどに埋もれているデータを利活用することで、BPRによる業務効率化余地の可視化が可能

最低限必要なデータは、「ケース」、「アクティビティ」、「タイムスタンプ」の3項目

PC上でのアプリの利用状況を可視化することで、日本企業において課題となっているホワイトカラーの業務効率化・業務付加価値の向上のきっかけを得ることができる

デジタルトランスフォーメーション(DX)において、ともすればリーン型のDXのみに捉われがちだが、本来の事業成長を目指すならば、価値創造型のDX実現にも目を向ける必要がある


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

山田 貴之

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email