SAP Aribaソリューション導入支援サービス

グローバルで高まる調達業務の最適化ニーズ

日本企業の海外進出の増加に伴い、販売拠点や生産拠点における調達業務において、各社固有のプロセスルールで統制がとれてないことが課題になっています。商品サイクルの短期化による内製から外部調達へのシフト、新たな商品やサービスの開発において、従来取引がなかった業種や取引実績のない新興国など海外との取引といった、サプライヤーとの関係も多様化しています。さらに、M&Aや業務提携で共同購買が増え、調達スケールが拡大し、調達業務が複雑化・高度化しています。このような調達環境の変化に応じた課題解決に、SAP Aribaソリューションを有効活用し、グローバルで統制がとれた調達業務を実現します。

主な課題

  • 各社個別の取引(契約)となり、スケールメリットが享受できていない
  • 各社特有のプロセスルールで実現し、業務が煩雑となっている
  • ソーシング業務が俗人的で選定基準が定まっておらず、業務が非効率
  • 現地サプライヤーに関する情報の収集が困難であり、価格に優位な新規サプライヤーを発掘できない

SAP Aribaを活用した効率的な業務の実現イメージ

  • 全世界のサプライヤーの情報の一元管理ができます。
  • 全社で調達業務を標準化し、統制がとれたプロセスを実現します。
  • 新規のサプライヤーをグローバル規模で発掘し、適正なコストで調達します。

Aribaで実現できること

  • 取引条件によりサプライヤーを選別し、契約の統廃合を推進し、スケールメリットを活用
  • 標準化されたプロセスにより、統制がとれた業務の実現
  • ソーシングの選定条件のテンプレート化により選定作業の効率化
  • Ariba Discoveryを活用し、容易に新規サプライヤーを発掘、競争入札で コストダウンを実現
  • Ariba Networkにより、さまざまな手段でサプライヤーと情報連携できる

SAP Aribaを活用するメリット

サプライヤー情報の収集が簡易に実現

世界中で活用されている企業情報サービスD&Bとの連携により、財務リスクスコアなどサプライヤーに関する情報が簡易に収集することができます。

世界中のサプライヤーとの取引がスピーディに実現

世界最大の電子商取引場Ariba Network(115カ国以上、2万点以上の商材カテゴリー)にて、あらゆる業種のサプライヤーの発掘、取引が可能となります。

購買実績の可視化による迅速な意思決定をサポート

自社の支出状況を可視化し、取引条件の見直し、サラプイヤー選別、契約の集約化など経営判断に必要な情報をタイムリーに把握し、調達業務改革の推進をサポートします。

直観的な操作ができるユーザビリティー

発注はAmazonライクの操作性、ソーシングは MS Excel、契約はMS Wordを利用できるため、直観的に操作できます。

全社展開が容易

操作が簡易であるため、ユーザートレーニングに時間をかけずにスピーディーに全社展開できます。

多様な業務に適応できるSAP Aribaソリューション全体像

SAP Aribaは、調達業務で必要となるソーシングから購買プロセス、分析機能に対し、十分な機能が用意されています。世界中のあらゆる業界で1000社以上に採用されており、クライアントのグローバルでの調達業務の効率化を強力に支援します。

PwCのSAP Ariba関連サービス

PwCコンサルティング合同会社(PwC)は、戦略的な調達や多様な購買プロセスを実現する機能をもつSAP Aribaソリューションの中から、クライアントの課題解決に適したサービスを選択し、その実現化を支援します。

  • マスタープラン策定フェーズ:現状の課題を分析し、改善目標に効果的な施策の実現するビジネスモデルを定義し、実現化へのマスタープランを策定します。
  • Ariba導入フェーズ:対象サービス(機能)の実現化を支援します。

※海外拠点への展開は、PwCグローバルネットワークにより、シームレスに連携します。

PwCの考える段階的な導入アプローチ

全社にて調達業務全般にAribaを適用することも可能ですが、状況によっては、PwCは、段階的な導入アプローチによるスムーズな業務改革とシステム構築の実現することも有効と考えます。

第1ステップ

世界中のサプライヤーとソーシング業務を実現します。

第2ステップ

自社の購買実績の可視化、サプライヤー評価の仕組みで取引実態を把握し、効果的なプロセス改善サイクルを実現します。

第3ステップ

全社に標準化した購買プロセスを展開します。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}