Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

空飛ぶクルマの未来展望 ~未来のモビリティが創る新しい社会基盤(前編)~

「空飛ぶクルマ」をとりまく環境が活発化しています。空の移動革命に向けた官民協議会が議論を深め、企業による公開実験も行われています。現在の開発動向や、活用の可能性、そして将来を見据えたアクションについて、空飛ぶクルマの開発を手掛ける株式会社SkyDrive代表の福澤知浩氏、小型ジェット旅客機「三菱スペースジェット(旧MRJ)」の開発に携わった航空機開発に詳しいPwCコンサルティング合同会社 顧問(Aerospace&Defense担当)の宮川 淳一、ドローンや空飛ぶクルマ関連の業務・技術支援に携わるPwCコンサルティング合同会社ディレクターの岩花 修平の3人が語りました。

(左から)福澤 知浩氏、岩花 修平、宮川 淳一

対談者

福澤 知浩氏(写真左)
株式会社SkyDrive 代表取締役
東京大学工学部卒業。トヨタ自動車株式会社にて自動車部品のグローバル調達に従事。同時に多くの現場でトヨタ生産方式を用いたカイゼンをし、原価改善賞受賞。2014年に有志団体CARTIVTORに参画し、共同代表に。2017年に独立し、製造業の経営コンサルティング会社を設立。20社以上の経営改善実施。2018年に株式会社SkyDriveを創業、代表に就任し現職。

宮川 淳一(写真右)
PwCコンサルティング合同会社 顧問
40年以上にわたり、主に航空機開発に従事。B7J7(後のB777)主翼空力設計、JRリニア先頭車両形状設計、防衛省先進技術実証機基礎設計等の先端技術開発・製品開発や、民間航空機開発では50年ぶりとなるMRJ(SpaceJet)の事業化、基本設計、海外セールス取りまとめなどで責任者を歴任。三菱重工業執行役員フェローを経て現職。

岩花 修平(写真中央)
PwCコンサルティング合同会社 ディレクター
大手監査法人系コンサルティング会社、外資系統計解析ソフトウェアベンダーを経て現職。前職では、主に電力を中心としたエネルギー、自動車を中心とした製造業の企業に対する統計解析技術、アナリティクスを活用したソリューションの提供やIoTアナリティクスチームの立ち上げなどに携わる。現在は、デジタルテクノロジーを活用した新規事業の推進や企業の業務改善を支援しており、主にドローンや「空飛ぶクルマ」など無人航空機に関連するビジネスやMaaS(Mobility as a Service)などモビリティ関連ビジネス、IoTや人工知能(AI)、データサイエンスなどの領域を中心に従事。

※法人名、役職、インタビューの内容などは掲載当時のものです。

{{filterContent.facetedTitle}}